マウスピース矯正治療の流れとポイント

マウスピース矯正ってどんな矯正法?

自分で取り外しができて、軽くて透明な目立ちにくい装置です

マウスピース矯正
▲ マウスピース矯正装置

マウスピース矯正は、アーチワイヤーブラケットを歯に装着する従来の装置と違い、自分で外せるマウスピース状の装置です。
「アライナー」というマウスピース矯正装置を、約2〜3週間ごとに交換しながら、少しずつ歯を動かしていきます。軽くて薄い透明な素材でできているので、歯に装着しても周囲から目立ちません。歯磨きや食事のときには外すことができるので、日常生活への影響が少ない装置です。アーチワイヤーとブラケットを使用した矯正法で「目立つ」ことに抵抗があって、治療に踏み切れなかった患者様にとって、有効な装置です。

マウスピース矯正の治療の流れ

※マウスピース矯正の治療の流れの一例をご紹介します。

カウンセリング
STEP1 カウンセリング

矯正医が患者様の歯並びの悩みをお聞きし、現在の状況、マウスピース矯正とその他の治療法の説明、治療期間、費用などの矯正治療全般のご説明をします。

レントゲン
STEP2 精密検査・診断結果の説明

口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内・顔面写真撮影、歯の型採りなどの精密検査を行います。検査時間は約30〜40分程度です。後日、精密検査の結果を説明し、治療のための計画書や契約書類をつくります。

型取り
▲ 歯の型採りセット
STEP3 歯の型採り

STEP2の診断結果に同意して治療の契約をしたあとは、マウスピース矯正の装置「アライナー」を作るために精密な歯の型採りやかみあわせを採取します。(写真の材料はPVS[ポリビニルシロキサン])。そして、すべての資料を、マウスピースを制作する会社に送ります。

STEP4 アライナーを制作

歯科医院で採った歯型やレントゲン写真等の資料をもとに、製造メーカーが一人ひとりの歯並びに合わせて、歯の動きをシミュレーションして、「アライナー」を作成します。制作前までに、担当医がチェックをして必要に応じて修正します。
なお、「アライナー」の製造過程は医院・製造元によって異なります。治療中の歯の動きをシミュレートして、一括で治療完了までの装置を制作されるものや、通院ごとに歯型を採取し、その都度、「アライナー」を制作する方法などがあり、さまざまです。

マウスピース矯正

STEP5 治療開始

治療期間中、患者様は一日20時間以上アライナーを装着し、約2週間毎に新しいアライナーに交換します。アライナーを交換するごとに、歯は徐々に治療目標に向けて移動します。
治療中は、1ヵ月半〜3ヶ月おきに、定期的に通院して、進行状況の確認と口腔内のクリーニングなどをします。治療途中で、予想通りの動きが認められない場合は補助矯正などの装置を使用することもあります。
治療期間:半年〜2年(治療前の歯並びによる)

STEP6 治療完了〜保定

矯正で動かした歯は、何もしないままだと、もとの治療前の場所に戻ろうとします。これを「後戻り」といいます。「アライナー」で歯並び・かみあわせが改善したあとは、一定の期間、リテーナー(保定装置)を装着し、数ヵ月に1回程度の頻度で歯並びのチェックをしに通院をして後戻りを防ぎます。

※医療機関や装置のメーカーにより、治療の流れは異なります。

マウスピース矯正の補助装置
▲ 補助矯正に使用する装置の例
※「補助矯正」について

マウスピース矯正装置のみでは、動きにくい歯並びもあります。
(例:ねじれている歯、歯を少し引き出したり、平行に移動させて治療する歯など) このため、歯並びによっては、マウスピース矯正装置を補助する目的で、従来型のアーチワイヤーやブラケット、顎間ゴムなどの「補助矯正装置」を一時的に使用する場合があります。短期間ですが、装置が見える期間ができる代わりに、難しい症例もより良い仕上がりに導くことができて、治療期間を短縮できるメリットがあります。




このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス