固定式装置の種類 (マルチブラケット装置、ホールディングアーチ、他)

固定式装置とは?

ワイヤーとブラケットの矯正装置(マルチブラケット装置)以外にもある、様々な装置

マルチブラケット矯正

長期間、一定の弱い力をかけて少しずつ歯を動かしたり、顎の骨の幅を広げたりする矯正歯科治療ですが、年齢や症状によって様々な装置が使用されています。その中でも、患者様自身では外せない仕組みになっている「固定式装置」は、より計画的で効率的な治療を行うために、よく使用されています。
代表的なものとして、歯に接着させたブラケットに針金(ワイヤー)を通して動かしたい歯に力をかける「マルチブラケット装置」があります。この他、歯並びやお口の状態によって、いろいろなタイプの固定式装置を使用する場合があります。

なお、矯正装置の中には、自分で取り外しができる装置もあり、「可撒式装置(かてつしきそうち)」といいます。マウスピース矯正装置や、矯正治療後の後戻りを防ぐ保定装置(リテーナー)、小児矯正で使用する一部の装置などがあります。

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置

歯に接着させたブラケットと呼ばれる小さな装置に通されたアーチワイヤーの力で、少しずつ歯を動かして、歯並びを整える装置で、現在の歯列矯正で多く使用されるベーシックな装置です。
金属製、セラミック製、プラスチック製など様々な材料でできたブラケットがあります。いろいろなタイプが開発されていて、セルフライゲーションシステム舌側矯正装置もこの一種です。

詳細はこちら


ホールディングアーチ

ホールディングアーチ(ナンスのホールディングアーチ)

永久歯を抜歯する歯列矯正の症例でよく使用される装置です。4番や5番の小臼歯を抜歯する矯正において、奥歯(大臼歯)が、抜歯してできた隙間に移動するのを防ぎます。
金属製の薄い板を左右の大臼歯に巻いて装着するバンドと、太い針金、上顎の歯の天井部(=口蓋部)を抑えるプラスチックのプレート(レジンパッド)からなる構造によって、奥歯が前に動くことを防ぎます。


パタラルバー
▲ 上顎

パラタルバー(パラタルアーチ)

左右それぞれの奥歯(大臼歯)に、薄い金属の板を巻きつけて装着するバンドと、太めの針金からつくられた装置です。バンドと針金は一体化していて、針金は上顎の歯の天井部(=口蓋部)を通る構造で、奥歯が内側に倒れること防ぎます。また、歯を動かす力の支点となる固定源を補強する働きもあり、歯並びや目的によって、針金の形は様々です。


リンガルアーチ
▲ 上顎

リンガルアーチ (舌側弧線装置)

上記のパラタルバーと同じように、左右それぞれの奥歯に巻きつけた金属のバンドと、針金で作られた装置です。歯列の拡大や、前歯の移動などに使用されます。
針金は、上顎の裏側の歯列の孤に少し接触するように曲げられていて、針金の形状によって用途を拡張できます。


クワドへリックス
▲ クワドヘリックス

緩徐拡大装置(クワドヘリックス・バイヘリックス:固定式)

緩徐拡大装置は、患者様自身で取り外しができない「固定式」と取り外しができる「可撤式」の2タイプあります。
固定タイプは、左右それぞれの奥歯に巻きつけた金属のバンドと、針金で作られた装置です。コイルのように曲げた針金の弾力によって、歯列に弱い力を与えて、歯列の幅を押し広げます。上顎用にクワドへリックス、下顎用にバイヘリックスが使用されています。
歯列が狭いためにおきた叢生や、内側に傾いて生えた歯、奥歯のねじれの治療などに使用され、緩徐拡大装置で歯列を広げた後にマルチブラケット装置を使うケースもあります。→ 詳細はこちら


拡大矯正装置
▲ 上顎

急速拡大装置

左右それぞれの奥歯に巻きつけた金属のバンドと、太い針金、歯列の幅を押し広げる力を調節する拡大ネジから構成された装置です。強い力で、約1〜3ヵ月の短期間で顎の幅・歯列の幅を広げます。
まだ顎の骨が成長過程にある第二次性徴の終わり頃までが主な対象年齢です。小児矯正では、永久歯が生えそろう前に、急速拡大装置で顎の幅を広げてから、マルチブラケット装置で歯列を矯正する治療方法がよく行われています。

詳細はこちら




このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
横浜駅前歯科・矯正歯科