八重歯(犬歯)の矯正治療について

八重歯(犬歯)になる原因

八重歯(乱ぐい歯)

歯と顎の大きさが調和していないと、不揃いな歯並びになってしまいます。通常は、歯は正常な位置に生えようとしますが、歯と歯の間が狭いと、歯の並びから乱れて歯並びが悪くなります。これを不正咬合といいます。

八重歯とは、犬歯が周囲の歯と重なって生えたために外側に出ていたり、歯列がデコボコになる不正咬合の一種で、顎の骨が小さいために正しい位置に歯が生えるスペースがないことや、乳歯から永久歯へスムーズに生えかわることができなかったことなどによって起こります。

八重歯を矯正で改善する治療法

八重歯を改善する治療には、主に次の3つの方法があります。

?抜歯をしないで治療する方法

矯正治療で、奥歯を後方にずらし八重歯の移動スペースを作る方法や、歯列全体を拡大させて移動させる方法などがあります。


?八重歯を削って小さくする方法

歯並びのでこぼこが小さい症状の場合は、歯の表面のエナメル質を少し削り(0.5〜1ミリ程度)、歯を小さくしてできたスペースを利用して矯正治療で改善する方法があります。1本の歯を削る量は、最小限にとどめるので痛みはほとんどありません。上顎の八重歯だけを部分矯正で治療するときなどに行う方法の一つです。


?抜歯する方法

歯の大きさに対し顎が小さい場合には、抜歯をする場合があります。抜歯をしてスペースを確保することで、矯正した時に顎全体に余裕ができ、歯が楽に動く場合もあります。

矯正歯科治療で八重歯を抜かないことが多い理由

通常、矯正歯科治療では、抜歯するのは八重歯のすぐ奥にある小臼歯が多いです。犬歯は、歯の根が他の歯よりも長く、虫歯になりにくい歯のため、一番最後まで残る歯といわれています。また、前歯と奥歯を結ぶ役割も担っており、下顎を左右に動かす側方運動時に、何らかの障害が出る可能性があるので八重歯の抜歯を避けて治療するのが一般的です。

治療結果は、患者様によって個人差があります。まずは、歯科医院でカウンセリングを受け、正しい診断を受けましょう。




このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生