Step3 お子さんのための”歯並び”予防 妊娠中の喫煙が及ぼす影響

妊娠時の喫煙は危険がいっぱい

健康街中いたるところに吸殻とタバコ自動販売機がころがる現代。かっこよくタバコを吸っているつもりの若い女性の姿は、もはや珍しい光景ではなくなってきました。未成年者と若い女性の喫煙率は上昇の一途をたどっており、20代の女性4人に1人が喫煙者です。「自立する女性」のイメージ広告で、若い女性客を取り込もうとしたタバコ会社の思惑通りに事は運んでいることになります。


厚生労働省の調べによると「タバコを吸う妊婦」も近年増加してきており、「妊娠中に喫煙する母親」の割合は約10%と、この10年間で倍増していることが判りました。特に10歳代の妊婦の喫煙率は34.2%という高さで、これは未成年者の喫煙率上昇をそのまま反映した数字だと言えます。さらに、10歳代妊婦に「未婚」という条件を付け加えると喫煙率は80%にものぼることが明らかになっています。また、婦人科を受診する若い女性では、喫煙者ほど「性交感染症」にかかる率が高く、若年女性の喫煙習慣と生活の規律とは何らかの相関関係がありそうだと、産婦人科医は警告を発しています。

タバコが女性に対して及ぼす影響

1.喫煙は卵巣機能を著しく低下させるため、月経不順、無月経が多発し不正性器出血や帯下を多くする
2.閉経が早く、エストロゲンの低下から骨粗鬆症を引き起こす
3.喫煙は子宮頸癌や乳癌の発生に強く関与する
4.喫煙者は非喫煙者の72%しか妊娠能力がない(女性不妊の一因である)
5.タバコは皮膚を老化させ、シワやシミを増やす
6.ニコチン依存症が男性より強い(妊娠してからやめようと思っても簡単にやめられない)

また、自分で吸わず、受動喫煙だけでも月経困難症は明らかに増加し、月経痛に悩まされる女性が増えることが判っています。

妊婦とタバコの関係

妊婦が喫煙すると、胎盤の血流量が減少し、胎児への酸素や栄養の供給が低下します。また一酸化炭素が胎児血中に移行して、胎児を更に酸素欠乏状態におとしいれます。妊婦自身の喫煙においても、妊婦の受動喫煙においても、胎児はタバコの毒にむせび、酸素不足に泣いている訳です。二重の受動喫煙を強いられている赤ちゃん。これぞまさに究極の受動喫煙と言えるでしょう。

妊婦がタバコの煙を吸うことにより起こりうること

1.喫煙のたびに胎児の呼吸運動が減少、停止する
2.早産流産が増加する
3.前置胎盤、早期剥離、出血、破水が増加する4.低身長児、低体重児が増加する
5.こどもの先天異常(心疾患、口蓋裂、斜視など)が増加する
6.乳幼児突然死症候群(SIDS)が増加する
7.キレるこどもになりやすい(非行、問題行動、暴力、犯罪を犯す危険性が高まる)

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生