Step4 小児矯正を始める前に 小児矯正治療のデメリットは?

小児矯正のデメリット

やっておくと永久歯が生えそろった後にメリットがある小児矯正ですが、やはりデメリットもあります。メリットと併せてよく理解し、お子さんと相談した上で治療を決めましょう。


1)治療期間が長くなることが多い

小児矯正はほとんどの場合、アゴの骨の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなることが多い。


2)矯正期間中、一時的に歯並びが悪くなることもある

顎の成長に合わせて歯並びを治していくため、一時的に歯並びが悪い状態になることもある。


3)大人になってから再度矯正が必要になることがある

受け口の場合には骨格的な問題も大きいため、大人になってから外科矯正が必要となるケースがある。


4)治療の結果に差が出る

小児矯正に使用する装置は、その多くが家庭で患者さん本人に装着してもらうタイプのものなので、患者さん本人が治療に協力的でない場合には、良い治療結果が出にくくなる。


5)虫歯になりやすい

矯正中は複雑なかたちをした装置をつけるため、磨き残しがでることが多く、虫歯になりやすくなる。注意深く歯のケア(ブラッシング)を行う必要がある。


6)歯根吸収が起こる

歯根吸収という、歯の根っこが溶けてしまうことがある。歯根吸収の原因は不明だが、もしも起こってしまった場合には矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になる。



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生