Step6 矯正中の食事と器具のお手入れ 矯正中の食事について

矯正中、基本的に食べてはいけない物はありません。ただし、お子さんのよく好む食事やおかしは装置に影響を与えることもあります。 せっかくの治療が無駄になってしまうこともありますので、充分に注意してあげましょう。

お子さんが好きな食べ物は注意が必要

■ 硬い食べ物(ピーナッツ、せんべい、氷など…)

硬い物を、思いきり噛んだりすると、その衝撃で矯正装置が外れたり、破損する場合があります。矯正を始めたばかりの時は、物を噛むと多少の痛みが出るので、おかゆやうどんなどの柔らかい食事にしてあげましょう。


■ 色素の強い食べ物(カレー、スパゲッティー、キムチなど…)

矯正治療自体に影響はありませんが、色素の強い食べ物は、矯正装置のゴムが変色してしまい、より矯正装置が目立って見えてしまいます。見た目を気にするお子さんも多く、ストレスになる事もあるので気をつけてあげましょう。


■ ネバネバした食べ物(おもち、ガム、キャラメル、アメなど…)

ネバネバした食べ物は、装置にくっついてしまい、装置が外れたりする原因になります。食べさせる場合は、小さくする等の工夫をすると良いでしょう。


■ 歯に詰まる食べ物(ポテトチップ、ビスケットなど…)

歯に詰まりやすい食べ物は、歯の間や歯と装置の間に挟まり、虫歯や歯周病の原因となります。食べたあとは必ず歯を磨き、歯に詰まったものは歯間ブラシやデンタルフロスで丁寧に磨きましょう。

装置が壊れたり外れたら…

もし、装置が壊れたり外れたりしたら、必ずの歯科医院へ行くようにしてください。
無理に着けたり治したりすると、口内を傷つけたり歯に悪い影響を与えますので絶対にやめましょう。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る