ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)について

歯ぎしりは無意識が多い

寝ている間や無意識的に、上下の歯を噛みしめたり、すり合わせたりすることを、ブラキシズムといいます。
起床時や、仕事や勉強で集中していた後などに、顎がだるく感じる方は、自分でも気づかないうちに歯ぎしりや、噛みしめをしているかもしれません。
ここでは、ブラキシズムの種類・症状についてご紹介します

ブラキシズムの分類

ブラキシズムは以下の三つの型に分類されます。

1. グラインディング
いわゆる歯ぎしりのことで、ギリギリと音をたてて、強く歯をこすり合わせる習癖のことをいいます。就寝中に発生することが多く、歯のすり減りが起こりやすいことが特徴です。

2. クレンチング
上下の歯を強く噛みしめる(食いしばる)習癖のことをいいます。音をたてることがないため、他人に指摘を受けることも無いので、症状が出るまで気づきにくいでしょう。

3. タッピング
上下の歯をカチカチと連続的に速く噛み合わせる習癖のことをいいます。上記の二つと比べると、起こりにくいとされています。

ブラキシズムが関係する症状

ブラキシズムは、下記のような症状が現れることがあります。


・ 歯や人工歯(被せ物)が割れる、欠ける・歯がすり減る
・ 歯が浮いたように感じる・揺れる
・ 冷たい物を食べると歯ががしみる
・ 顎に痛みやだるさを感じる・顎が開きづらいなど


上記の症状に複数該当する方は、早めの歯科受診をお勧めします。このような症状を放っておくと、歯周病が進む要因となることや、時に頭痛や、肩こり、腰痛など全身に影響することもあります。

ブラキシズムと矯正治療

ブラキシズムがある場合でも矯正治療はできます。
ブラキシズムは、噛み合わせが良くないために起きる場合や、ストレスなどの精神的な要因、また、歯列矯正中に起こる場合もまれにあり、原因は様々です。いずれにしても、ブラキシズムは、歯や周囲の組織に負担をかける症状ですので、治療前や治療後にかかわらず、気になる場合は担当医に相談しましょう。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス