舌の癖(舌癖)について

舌癖(ぜつへき)とは

食べ物を飲み込む時に舌で歯を押したり、口をポカンと開けて上下の歯の間に舌を出していたりする事があります。 これは舌癖といって、歯並びやかみ合わせに大きな影響を及ぼす癖の一つです。
私たちは一日に600〜2000回も無意識に飲み込む動作をしています。そのたびに歯を押していたらどうなるでしょう。
A
症例A(術前)
B
症例B(術前)
こんな風に前歯にすき間があいていたら、舌癖があるかもしれません。 舌癖があると歯並びが悪くなったり、サ行やタ行がはっきりしなかったり、ひどい場合には顎の形をかえてしまうこともあります。

原因は…?

口を開けて息をしていたり(口呼吸)、舌の裏のひも(舌小帯)が短かったり、鼻やのどに病気(アレルギー性鼻炎、蓄膿症、扁桃肥大、アデノイドetc.)があったり・・・ その他遺伝も関係することがあります。

正しい舌の場所は?

舌の先が、上の前歯の根元のちょっと後ろにあるのが正しい位置です。

治療方法は?

通常の矯正装置の他に、舌癖防止装置を使ったり、舌のトレーニングをしていきます。
舌癖防止装置 舌癖防止装置
(株)アソインターナショナル様ご提供
A
症例A(術後)
B
症例B(術後)
上のA,Bの患者さんの治療後です。二人とも装置やトレーニングを頑張って、舌の癖を克服しました。 舌癖があると、治療が終わってからも咬み合わせが不安定になることがあります。また矯正治療中に発現することもあり、そのために治療期間が長引いてしまったりします。
あまり耳にしないので見落としがちな舌の癖ですが、矯正治療は歯だけの問題ではありません。 よりよい治療結果にするためには、患者さんやご家族のご協力がとても大切になります。

治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

中澤 敏 院長先生
資料提供
スマイル矯正歯科
院長:中澤 敏 先生
 
中澤 真紀 先生
医院名
中澤 真紀 先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター