東海林貴大 院長先生 渋谷矯正歯科

北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。その後、札幌医科大学口腔外科を経て2007年に開業。3Dデジタル技術を裏側矯正に用いるなど、常に患者様の要望に応える治療を追求しています。

矯正歯科医を目指したきっかけ

患者様本位の治療を第一とする東海林先生の「今」を築いたものとは?

父と祖父の診療姿に憧れて

私の家は父も祖父も歯科医師だったので、幼い頃から二人が診療している姿を間近で見てきました。二人とも常に患者様の立場になって治療をすることを心掛けていて、多くの患者様に信頼されていました。

子ども心にそれがすごく恰好いいなと感じていて、自然に、自分も将来は患者様のことを第一に考えた治療で、患者様を笑顔にできるような歯科医師になろうと決めていました。

父の診療を参考に院内ラボを導入

父の診療を参考に院内ラボをを導入

父は院内で技工業務を行なっていたので、幼い頃はそれが当たり前のことだと思っていたのですが、大学や他の歯科医院では、ほとんどが技工業務を外部に委託していると知った時には、違和感を覚えました。

父の診療を間近で見て、院内で技工業務を行なうことで、患者様のご要望や微調整にも細やかにかつスピーディーに対応できることを実感していたので、自分の医院にも院内にラボ(技工室)を設けました。

歯科医師と技工士、そして患者様が、直接コミュニケーションをとった上で技工作業を行なうので、患者様にぴったりと合う精巧な矯正装置を製作することができます。また、技工にかかるコストも外部委託と比較して抑えることができるので、患者様の治療費の負担も軽減します。


矯正歯科医の「今」を築いたもの

歯学部の矯正科は狭き門でしたが、将来歯科医師で食べていくと決めたからには、必ず矯正歯科医になろうと決めていました。

なんとか矯正科に入ることができたものの、初めは成績も上位のほうではなく、特別器用でもなかったので非常に苦労しました。「矯正歯科医になる」という決意を胸に、とにかく治療の基本となる大事な部分に関しては、誰にも負けないようになろうと、地道に努力を重ねました。ワイヤーを曲げる作業を上達するまで時間を忘れて取り組んだり・・・自信が持てるようになるまで、必死でしたね。

そうして築き上げた治療の基本に対する自信があるからこそ、今、新しい技術がシステムを取り入れながらも、患者様に納得いただける治療の提供ができているのではないかと思います。

矯正歯科医の「今」を築いたもの

東海林先生の「裏側矯正へのこだわり」とは?

東海林先生の無料カウンセリングを受ける


渋谷矯正歯科
所在地 東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル 9階
TEL フリーダイヤル 0120-188-901
TEL 03-6450-5822
診療時間

平日 12:30〜20:30(最終受付 20:00)
土日祝 09:00〜12:30 / 13:30〜17:30

休診日 水曜定休、日月不定休
詳しくは休診カレンダーをご確認ください
HP http://www.shibuyakyousei.jp/
詳細はこちらから
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です