東海林貴大 院長先生 渋谷矯正歯科

北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。その後、札幌医科大学口腔外科を経て2007年に開業。3Dデジタル技術を裏側矯正に用いるなど、常に患者様の要望に応える治療を追求しています。

裏側矯正へのこだわり

「歯並びでお悩みの患者様の、治療中のストレスを軽減したい。」
患者様が受けたくなる治療を追求した、裏側矯正。

患者様のニーズに応える「見えない裏側矯正」

当医院は、2007年の開業時から一貫して「見えない裏側矯正」に力を入れています。それは、歯並び、すなわち口元の見た目を気にされている患者様とって、目立つ矯正装置を長期間装着し続けることは、非常に辛いことだと感じるからです。

矯正装置を歯の裏側に装着することで、見た目の問題をクリアしながらも、幅広いケースに適用することができる裏側矯正が、今の矯正治療において最も患者様のニーズにお応えできる方法だと考えております。

もちろん見た目だけでなく、費用や治療期間といった不安にもお応えいたします。一般的に、裏側矯正は表側矯正よりも費用が高く、治療期間も長くなる傾向にありますが、当医院では院内ラボや3Dデジタル裏側矯正というシステムを導入することで、表側矯正と同程度の価格と治療期間での治療の提供を可能としています。

⇒渋谷矯正歯科の裏側矯正について更に詳しく知る

患者さまのニーズに応える「見えない裏側矯正」

3Dデジタル裏側矯正でストレスフリーな治療を

患者様のお口の中を3Dカメラでスキャンすることで、その画像データを元にコンピュータでお口の状態を立体的に、かつ正確に再現することができるようになりました。当医院では、この立体的な画像データを活用した「3Dデジタル裏側矯正」で精密な治療を提供しています。

一般的な矯正治療では、、お口の模型を作製し、それをもとに治療計画を立てますが、「3Dデジタル裏側矯正」では、模型を作ることなくコンピュータ画面上で患者様のお口の立体画像を使って治療のシミュレーションを行なうことができます。治療前に複数の治療方法をシミュレーションできるため、患者様にとって最も良い方法を選択することが可能です。

また、画面上で治療のシミュレーション画像をご覧いただきながら患者様にご説明することができるため、患者様も治療内容をイメージしやすく、十分に納得いただいた上で治療を進めることができます。

3Dデジタル裏側矯正

治療で使用するワイヤーは、立体画像使って歯科医師がデザインしたデータを元に、コンピュータ制御によるロボットアームが作製するため、ブレのない精巧な仕上がりになります。もし治療の途中段階でシミュレーション結果とズレが生じた場合でも、再度お口をスキャンすることで、そのデータをもとにワイヤーを調整し、より良い治療結果に繋げることができます。

さらには、従来の裏側矯正と比較して治療期間を短縮することも可能です。「3Dデジタル裏側矯正」は、患者様の治療に対する様々な不安や負担を軽減させることができる治療方法として、自信を持って提供させていただいております。ぜひ一度ご相談ください。

⇒3Dデジタル裏側矯正について更に詳しく知る


最後に、東海林先生の「今後の目標」を伺いました!

東海林先生の無料カウンセリングを受ける


渋谷矯正歯科
所在地 東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル 9階
TEL フリーダイヤル 0120-188-901
TEL 03-6450-5822
診療時間

平日 12:30〜20:30(最終受付 20:00)
土日祝 09:00〜12:30 / 13:30〜17:30

休診日 水曜定休、日月不定休
詳しくは休診カレンダーをご確認ください
HP http://www.shibuyakyousei.jp/
詳細はこちらから
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です