湊寛明 先生 渋谷矯正歯科

納得した治療をご提供するために矯正治療だけでなく歯科のトータル的な知識を取り入れた治療が必要とお考えの先生。そのために自身の向上とスタッフたちの育成に力を入れている歯科業界を背負って立つ先生です。

今後の目標

歯科のトータル的な知識を取り入れた治療が必要

矯正治療は大きな視点で見ると重要な歯科治療のひとつでしかないので、やはり、患者様にご納得いただくにはトータルで歯科の知識を取り入れた治療が必要だと思っています。矯正歯科であっても矯正の知識しかないのでは十分な治療にはなりません。例えば矯正治療のほかにインプラント治療をかかりつけの医院で行う場合、ほかのドクターと連携するには、インプラントの知識が十分にないと主治医として的確な指示も出せず、本当の意味での連携治療にはならないと思います。

また審美歯科治療の観点からすると、矯正で歯並びは改善しますが、歯の形自体は変えられません。もともとの歯並びで大きく磨り減った前歯をそのまま並べても患者様は満足しないでしょう。それには審美歯科治療の知識や技術がドクターに十分あるかがとても大切になってきます。ドクターに専門性が大切なのはいうまでもありませんが、専門だけ分かっていれば良いというものではありません。

患者様のニーズを満たすことができ、QOLを高めるには、矯正歯科医院であっても、虫歯や歯周病、インプラント、審美など諸々の歯科の知識や技術をしっかり持った上で患者様を診るべきだと思います。私は診療が終了した後も診療がない日も時間を作って新しい知識や技術に触れることを続けています。担当したドクターによって得られる結果が大きく違ってはいけないと思います。

現在、私は33歳(2015年現在)ですが、今後さらなる勉強を行い、生涯変わらず研鑽を続けていこうと思っています。現在は学会やセミナーなどで知識を受け取る側ですが、5年後、10年後には人前で発表ができるようになっていたいと思っています。そして、その頃には、同世代の若い歯科医師のグループをつくり、トータルで歯科治療が行えるような人達を育て、牽引して行きたいと考えています。

治療中

患者様へのメッセージ

歯への意識は高まっているものの、日本はまだお口の中だけ見ると発展途上国といっても良いのではないでしょうか?日本人は歯科先進国に比べて圧倒的に歯を失っています。矯正治療に関して、矯正治療率・治療意向ともに低い傾向にあります。また、歯科の保険制度によるものもありますが、矯正以外の治療に関しても患者様の予後を考えたら適合も審美性も良好とはいい難い治療が多く見られます。

加えて予防的にメインテナンスをしに定期的に歯科医院に足を運べておらず、結果的に負のサイクルから抜け出せず多くの歯を失っている現状があります。これらの負のサイクルを断ち切りたい。矯正治療が終わればゴールではなく、大きな視点で見ればあくまでもより良い状態を保つための一過程です。矯正治療はきっかけであってもOK。生涯お口の健康を保ち、楽しい人生を送って欲しいとエールを送りたいと思います。

湊先生

湊先生を密着取材して

こちらの医院ではお昼休みの時間を設けることはなく、スタッフが決められたシフトでお仕事をしているそうです。
それを統括されているのが湊寛明先生です。
スタッフの勤務体制などを管理することにより、ミスの起こらないスムーズな治療を行えるように心掛けているとのことです。
インタビューの途中でも、勤務医の先生からの相談にアドバイスをされていて、人材育成にも力を入れておりました。
また大学を卒業されてからも、さまざまな歯科に関する知識を積極的に学び続けている姿勢はとても頼もしさを感じましたし、
何よりもインタビュー中の先生の視線から熱い情熱も感じました。これから先生が創り出していく歯科の世界が楽しみです。

(矯正歯科ネット運営部)


湊先生の無料カウンセリングを受ける


横浜駅前歯科・矯正歯科
所在地 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル13階
TEL フリーダイヤル 0120-418-139
TEL 045-620-4108
診療時間

平日 12:30〜20:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜12:30 / 13:30〜17:30

休診日 年中無休
HP http://www.yokohamakyousei.com/
詳細はこちらから
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です