矯正歯科治療のドクター選びのポイント

クリニック選びのポイント

矯正治療を受けられる場所には、一般歯科・矯正歯科・大学病院等があります。

大学病院

大学病院では常勤の先生方がいるので先生を受診者が選べること、最新の診断方法による治療方針の決定、外科手術を伴う矯正治療、他科と連携して行う包括治療を受診できるなどの利点があります。 一方、診察時間が短い、待ち時間が長くなることがある、担当医が短期間で変更になる等の欠点もあります。

矯正歯科

矯正歯科と標榜しているのは矯正を専門に行っているところです。 利点は豊富な専門知識と熟練した技術が期待できます。 しかし、先生によっては抜歯、むし歯治療、予防医療等を一般歯科へ依頼される先生もいらっしゃいます。

一般歯科

一般・矯正が一緒になった歯科もあります。たいていは看板に○○歯科(一般・小児・矯正)などのように、明記してあります。 利点は抜歯やむし歯治療、歯周治療等も同じ歯科医院で受けることができることです。 さらに、予防専門の歯科衛生士が常駐している場合は、徹底した予防医療を同時に受けることができます。 矯正治療はむし歯にとてもかかりやすくなったり、歯周病が急激に悪化したりする危険が伴います。歯並びがきれいになった後で、きれいだった歯の色がむし歯で変色したり、歯肉が下がって隙間ができたりしないような予防医療がとりわけ重要になります。 また、週に何日か矯正専門医が通ってくるという所もあり、この場合は矯正専門歯科と同じ技術力が期待できます。 しかし、通院日を自由に選択できなかったり、装置が壊れてもすぐに直してもらえなかったりなども考えられます。 そのために治療内容は優れているにも拘らず、料金は低めに設定されることが少なくありません。 歯科医院によっては一般治療の先生がすぐに対応してくださり、特にご心配のない所もあります。

結論として、どれがより優れているということはなく、自分に合った歯科医院を選ぶことが大切だと思います。

ドクター選びのポイント

矯正治療は単に見た目だけではなく、よりよい噛み合わせを作る治療です。
そのため矯正治療は短期間ではなく平均2年、場合によっては2年以上かかる方々もいらっしゃいます。自費治療になるため治療金額も高くなりますので、十分な時間を取り、懇切丁寧なカウンセリングを行ってくれるドクターが良いと思います。
また治療期間中にも、治療を受ける皆様の疑問、不安等を気軽に相談できる人間性を持ったドクターが良いのではないかと思います。

患者さんに協力して欲しいこと

矯正治療をよりよい結果で終わらせるには、治療を受ける方と矯正歯科医との共同作業が必要不可欠です。
矯正治療は矯正歯科医のみの治療だけでは、不十分な場合も多くあります。
そのため、治療を受ける方自身になんらかの協力をお願いすることも少なくありません。

例えば、治療中に矯正装置に輪ゴムを皆様ご自身で掛けて頂いたり、取り外しの出来る装置を使用していただいたりすることがあります。また矯正治療後には、後戻りを防止する為にリテーナー装置を付けて頂いたりする場合があります。
これらの内容等は治療を受ける皆様のご協力度によって、治療の進行度、結果に繋がる事が多いのでぜひ協力していただきたい大切なことです。

相良俊男院長先生 回答して下さったのは、こちらの先生です!
国際ビル歯科(東京都杉並区)
相良俊男院長先生 医院紹介ページへ
このページの先頭へ
  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です