矯正歯科治療のドクター選びのポイント

クリニック選びのポイント

クリニックを選ぶには、まずはクリニックへ行ってみることではないでしょうか。医師の説明が十分で、且つ納得できるものかというご判断ももちろんですが、クリニックの雰囲気や清潔感などもクリニック選びの見極めになると思います。特に、スタッフの対応は重要だと思います。具体的には、院長の方針、治療技術、姿勢や情熱など全ての要素が、スタッフへ伝わり、それが患者様対応に表れると感じているからです。患者様が医療の質を医師と同レベルで見極めることは困難ですが、医療の質を想像できるポイントとして、スタッフ対応も観察されてはいかがでしょうか。虫歯の治療と異なり、矯正治療は数年の通院が必要になるものです。治療技術はもちろんのこと、どうせなら気持ちが良い、楽しい医院に通いたいものですよね。

ドクター選びのポイント

矯正治療の方法は1つだけではありません。複数の治療方法の中から、患者さん一人一人にあった治療方法を選択します。抜歯するとこうなる、抜歯をしないとこうなる、表側に装置をつけるメリットは・・・、裏側からの治療のデメリットは・・・、などなどきちんと説明してくれる先生がいい先生ですね。 治療費のお支払いに関しても、大金を持って歩くのは嫌ですよね。クレジットカードが使えるとか、お振込み可能か、分割は、ローンは・・・などきちんと説明してくれる医院を選びましょう。 矯正治療を受けるのはほとんどの方が始めてのことです。不安があるのは当たり前です。分からないこと、不安なことはどんどん聞いてください。患者さん側に立ってきちんと説明してくれる先生がいい先生です。

患者さんに協力して欲しいこと

お子様が矯正する場合、ご両親が“クリニックに行かせているから安心”と油断するのは厳禁。 小さなお子様が矯正をされる時、ご両親は“矯正歯科のクリニックに行かせているから安心”と思わず、お子様が治療中のルール(歯磨き、装置の取り外しや舌やくちびるの体操など)を忘れずに実行しているかしっかり見守って欲しいと思います。矯正治療で医師が歯並び、噛み合わせを治すことは当たり前のことですが、大切なのはどうしてそのような不正咬合になったのか・・・を考えることなのです。例えば姿勢、指しゃぶり、爪や鉛筆を咬む癖や、舌を前に出す癖、鼻炎、口呼吸など・・・こういった原因も改善していかないとせっかく矯正治療でかみ合わせを治しても、少しづつ歯は戻っていってしまうでしょう。また、矯正装置を付けていると、通常の状態よりは丁寧な歯磨きが必要になります。当院でも十分に歯磨きの練習をして、さらに歯が強くなり、虫歯になりにくくなるフッ素塗布をサービスで行っておりますが、ご両親ともお仕事をされている場合は特に注意していただきたいと思います。ご両親の目の届かないところでお子様がお菓子ばかり食べ、歯磨きが不十分になるという可能性も考えられますから。

三浦弘貴院長先生 回答して下さったのは、こちらの先生です!
三浦矯正歯科(東京都杉並区)
三浦弘貴院長先生 医院紹介ページへ
このページの先頭へ
  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です