知っておきたい矯正歯科治療

矯正歯科治療と言えば歯に銀色の装置をつけて動かしているイメージがあると思います。
矯正歯科治療と一言で言っても、色々な矯正歯科治療の方法があります。 ご自身のライフスタイルや口の状態にあった矯正歯科治療を選択しましょう。

目立ちにくい矯正装置

矯正歯科治療は、歯に銀色の装置をつけなければならないイメージがありますが、そんなイメージを払拭する矯正歯科治療が出てきています。

1. ブラケット矯正

乳白色のブラケット装置 金属のブラケット装置
▲ 乳白色のブラケット装置 ▲ 金属のブラケット装置

銀色や白いブロックの様なものを接着して行なう矯正歯科治療を、ブラケット矯正と言います。
ブラケットとは、歯の一つひとつに接着させたブロックの様な小さな装置です。
そのブラケットにワイヤーを通し歯を動かして、歯並びを整えます治療方法です。
ブラケットには、金属製の銀色のものや、セラミック製の乳白色のものなどがあります。また、ブラケットに通すワイヤーは、歯科医院によっては白いものを選択することができ、より目立ちにくい状態で矯正歯科治療を受けられる選択肢もあります。

Check !
  • 小さな装置とワイヤーが歯に接着されているので、歯ブラシは通常より難易度が上がります。
  • 食事中に食べ物が装置の間に詰まりやすいので、食後はブラッシングすることをおすすめします。
  • 装置が頬の内側に当たり、口内炎ができることがあります。

2. 裏側矯正

裏側矯正 裏側矯正

裏側装置はブラケットを歯の裏側に接着して矯正歯科治療を行います。
歯の裏側に接着させることで、表からは見えにくい状態で矯正歯科治療ができます。

Check !

裏側に装置が付いているので、舌にあたり違和感があったり、傷がついて口内炎ができる場合もあります。
また、発音がしにくい場合もあります。これらは、治療期間中に徐々に慣れていきます。

3. マウスピース矯正

マウスピース矯正

取り外しのできる透明なマウスピースを、段階を置いて取り変えながら、歯の並びを整えていく治療方法です。
矯正歯科治療の中でも比較的新しい治療方法です。

薄くて透明度のあるマウスピースの型で、目立ちにくく、ご自身で取り外すことが可能です。食事や歯磨き以外の時間は、装着が必要です。

マウスピース矯正
Check !

前歯の隙間が気になる、少し歯が出ている、など少し歯並びが気になるという方におすすめの治療方法です。
ブラケットをつける矯正歯科治療より長く期間がかかる場合があります。

外科矯正

矯正歯科治療は治療期間が長いイメージがあるかもしれません。それが、最後までできるかな?と躊躇してしまう要因の一つではないでしょうか。
外科矯正は、一人ひとりの歯列にあった技術を組み合わせることで、治療がより早く終了する場合もあります。

1. コルチコトミー

コルチコトミーは、歯を支えている土台(歯槽骨)に切れ目を入れます。
切れ目を入れることで、血流が良くなり、代謝が上がります。そして、骨の再生が促され、歯が動きやすくなります。

コルチコトミーは、ほかの矯正歯科技術(ブラケット矯正の場合が多い)を組み合わせることが必要です。
すべての矯正歯科治療に対応しているわけではなく、コルチコトミーを必要としない矯正歯科治療もあります。

矯正歯科医師とよく話し合いましょう。

歯が並ぶイメージ

コルチコトミー ⇒ コルチコトミー
    切れ目はなくなり土台もしっかり安定します。

コルチトミーの手術は2時間程度の処置です。
麻酔を行い、手術では顎の骨を部分的に筋状の切れ目を入れていきます。

Check !

手術中、麻酔はしていますが、振動や音はガタガタと多少響くことがあります。
麻酔が切れた後は痛みや腫れが出ることがありますので、その場合は歯科医師の判断により薬が処方されます。
その後ブラケットなどの矯正装置を着けて、歯並びを綺麗にする治療をしていきます。

2. インプラント矯正

インプラント矯正
▲ 小さなネジ
(矯正歯科治療用のインプラント)

インプラント矯正とほかの矯正技術を組み合わせることが必要です。

インプラント矯正とは、直径1、2mmほどの小さなネジ(矯正歯科治療用のインプラント)を顎の骨に打ち込み、これを支点にして歯を引っ張っていきます。
そのため、小さなネジを埋め込む外科手術が必要になります。

奥歯に向けて引っ張ったり、歯を抜く必要のある矯正歯科治療の場合でも、インプラント矯正治療を用いることで歯を抜かなくてよくなる場合があり、従来の矯正歯科治療の幅をより広げることが可能です。

インプラント矯正
Check !

埋め込んだ矯正歯科治療用のインプラントの周りを清潔にしていないと、感染を起こし炎症をもたらす場合があります。

ブラケット矯正歯科治療の流れ

Step.1 カウンセリング/問診

Step.1 カウンセリング/問診

矯正歯科治療を始める前に、矯正歯科治療についての希望や悩みについて歯科医師と話をします。

  • 歯並びや噛み合わせに対して気になっている部分
  • 矯正治療の希望(歯を抜きたくない、いつから始めたい、裏側矯正を希望) など
  • 矯正歯科治療で起こりうる痛み
  • 矯正治療法

などです。

Step.2 検査

Step.2 検査

カウンセリング/問診後、顎の骨、口の中の状態などを調べる検査を行います。

検査の内容は、レントゲン、歯科用CTなどの撮影します。そして、噛み合わせ、歯並びを確認するための検査をします。

Step.3 診断

歯科医師が、患者様の矯正歯科治療に対してのお悩み、希望、step2で行った検査の資料をもとに診断し、矯正歯科治療の計画を立てます。
矯正歯科治療の計画を立てたら、次は患者様に計画内容を説明します。
矯正歯科治療の計画、支払い方法など、説明内容について患者様が納得されたら、後日、矯正歯科治療の同意書にサインをし、歯科医院に提出します。
(手続きの流れは歯科医院によって異なりますので、かかっている歯科医院の案内に従ってください。)

Step.4 治療準備

Step.4 治療準備

ブラケットをつける前に

  • 虫歯治療
  • ブラッシング指導
  • 歯の掃除
  • 抜歯

などを、必要であれば行います。

Step.5 治療中

Step.5 治療中

ブラケット矯正歯科治療をはじめるための準備が整ったら矯正装置(ブラケット)をつけます。

ブラケット矯正歯科治療では1ヵ月にミリ単位で歯の移動をさせるため、時間がかかりますが、様々な悩みに対応可能な治療とされています。
矯正歯科治療中は、歯科医院への通院が必要になります。

Step.6 治療終了まで

Step.6 治療終了まで

歯並びを整い終えても矯正歯科治療は終わりではありません。

歯は元々の位置に戻ろうとする性質があります。
歯が並び終わった後、歯の並びが整い終わった後は、歯の後戻りを防ぐために一定の期間、歯の位置を固定させ、歯の位置を固定する装置をつける期間があります。

矯正歯科治療の終了後は、定期健診などでメインテナンスをしながら、お口の状態を清潔な状態に保ちましょう。

マウスピース矯正歯科治療の流れ

Step.1 カウンセリング/問診

Step.1 カウンセリング/問診

矯正歯科治療を始める前に、矯正歯科治療についての希望や悩みについて歯科医師と話をします。

  • 歯並びや噛み合わせに対して気になっている部分
  • 矯正治療の希望(歯を抜きたくない。いつから始めたい。裏側矯正を希望など) など
  • 矯正歯科治療で起こりうる痛み
  • 矯正治療法

などです。

Step.2 検査

Step.2 検査

カウンセリング/問診後、顎の骨、口の中の状態などを調べる検査を行います。

検査の内容は、レントゲン、歯科用CTなどの撮影します。そして、噛み合わせ、歯並びを確認するための検査をします。

Step.3 診断

歯科医師が、患者様の矯正歯科治療に対してのお悩み、希望、step2で行った検査の資料をもとに診断し、矯正歯科治療の計画を立てます。
矯正歯科治療の計画を立てたら、次は患者様に計画内容を説明します。
矯正歯科治療の計画、支払い方法など、説明内容について患者様が納得されたら、後日、矯正歯科治療の同意書にサインをし、歯科医院に提出します。
(手続きの流れは歯科医院によって異なりますので、かかっている歯科医院の案内に従ってください。)

Step.4 歯の型どり

マウスピースを作るための精密な歯の型や、歯の噛み合わせを確認するための型どりをします。

Step.5 マウスピースを製作

マウスピースを製作するために、歯科医院でとったレントゲン写真、歯科用CT、歯型等を、マウスピースを製作する会社に送ります。
(歯科医院側が行います)

Step.6 治療を開始

Step.6 治療を開始

マウスピースが歯科医院に届くと、治療を開始できます。
マウスピースの使用方法、装着時間を守り、治療目標に向けて徐々に歯を動かしていきます。
矯正歯科治療を行っている期間は定期的に歯科医院に来院をします。

マウスピース矯正は、何枚もの少しずつ違う形のマウスピースを数週間後ことに交換し、歯の並びを整え矯正していきます。
そのため、装着時間や医師の指示通り行えない場合は、矯正歯科治療は予定通りには進みません。

Step.7 治療終了まで

Step.7 治療終了まで

歯並びを整い終えても矯正歯科治療は終わりではありません。

歯は元々の位置に戻ろうとする性質があります。
歯が並び終わった後、歯の並びが整い終わった後は、歯の後戻りを防ぐために一定の期間、歯の位置を固定させ、歯の位置を固定する装置をつける期間があります。

矯正歯科治療の終了後は、定期健診などでメインテナンスをしながら、お口の状態を清潔な状態に保ちましょう。

このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です