知りたい! スピード矯正

矯正装置が周囲の人に見えるのが嫌で、治療をあきらめていた方はいませんか?
歯並びが良くなると、口元が整って表情がキレイになったり、歯磨きがしやすくなって、虫歯や歯周病のリスクが少なくなったりします。
最近話題の見えない矯正治療「裏側(舌側)矯正」について、「アイ矯正歯科クリニック」の福井一美院長先生に解説いただきました。


装置が見えない!裏側矯正とは

裏側矯正のお口元
▲ 裏側矯正のお口元

表側矯正のお口元
▲ 表側矯正のお口元

表から見えない裏側矯正の特徴

裏側矯正は、歯の裏側に装置をつける矯正法です。「舌側[ぜっそく]矯正」、「マルチリンガルブラケット法」とも呼ばれています。
一般的な歯列矯正は、歯の表側にブラケットやワイヤーなどの矯正装置をつけるため、外から装置が目立ちます。 裏側矯正のように歯の裏側に装置をつければ、周囲の人に見られることなく治療を行うことができます。

実は日本生まれ!患者様の希望や願いによって技術が進化してきました

裏側矯正は、日本生まれなことをご存知ですか?
1970年代に、神奈川歯科大学の藤田欣也博士が裏側矯正を開発・実用化しました。
矯正治療が根付いている欧米と比べて、装置に抵抗がある人が多い日本は、裏側矯正のニーズが特に高く、表側矯正と同様の難しい症例が治療できるまで発展しました。


裏側矯正のメリット

    表から見えないので、周囲に気づかれにくい
  • 接客業やモデルなど人目を気にする職業の方でも、抵抗なく治療できます。
    接着剤による歯のダメージが少ない
  • 歯の裏側は表側よりもエナメル質が丈夫です。装置を外すとき、接着剤がエナメル質を傷つけるリスクが少ないです。
    出っ歯(上顎前突)の治療で効率的に歯を動かせる
  • 表側矯正では、前歯を下げる力の支えとなる奥歯が、前に引っ張られてしまうことがあります。 裏側矯正は、構造上、前歯を奥に引っ込めるワイヤーの力をコントロールしやすいので効率的に動かせます。

裏側矯正のデメリット

    慣れないうちは、発音がしにくい
  • 歯の裏側に装置をつけるので、慣れるまでは発音しにくいことがあります。生活に支障がでるほどではありません。徐々に慣れていきます。
    表側矯正より費用が高い
  • 歯は表側より裏側の方が複雑な形です。凸凹のある歯の裏側に適切に装置を付けて矯正治療をするには、専門の経験と技術が必要です。 装置の料金や技術料が、どうしても従来の表側矯正よりも高くなります。
    裏側矯正を行う医院が少ない
  • 表側矯正と同じように裏側矯正で治療する矯正歯科医院は全国的にみてまだ少ないです。

他の矯正装置との比較

歯科矯正治療で主に使用される装置の、見た目や治療期間の比較をご紹介します。

裏側矯正(リンガルブラケット)

裏側矯正(リンガルブラケット)
見た目 ★★★★★ 表からは見えません
治療期間 若干長め
対象症例 簡単〜難症例
表から見えないので、周囲の人に気づかれにくいです。表側矯正と同様に難症例にも適応できますが、矯正医の技術と経験が必要です。

透明な表側装置(審美ブラケット)

透明な表側装置(審美ブラケット)
見た目 ★★★
治療期間 普通
対象症例 簡単〜難症例
歯に近い色や透明な素材でつくられた表側装置。金属のブラケットよりも目立ちませんが、表側につけるので、装置は見えます。

金属の表側装置(メタルブラケット)

金属の表側装置(メタルブラケット)
見た目 ★ 
治療期間 普通
対象症例 簡単〜難症例
従来から表側矯正に使用されている装置です。近年小型化されつつありますが、他の装置と比較すると目立ちます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正
見た目 ★★★★★
治療期間 若干長め
対象症例 簡単な症例、後戻りの治療など
基本的に食事以外に装着します。透明で目立ちませんが、極端なデコボコや精密な咬み合わせの治療には適当ではありません。
お問い合わせ・ご予約はこちらから

裏側矯正のこだわりと治療例

アイ矯正歯科クリニックの矯正歯治療のポイント

アイ矯正歯科クリニックの見えない矯正へのこだわり

アイ矯正歯科クリニックでは、「装置が見えないこと」、「仕上がりがキレイであること」、「健康的なかみ合せであること」にこだわって治療をしています。
虫歯や歯周病がある方や、歯を数本失っている方など、いろいろな口元の悩みがある患者様も、納得して矯正治療ができる体制を整えております。
大人からお子様まで、それぞれの症状に応じた担当医と協力して診療にあたっています。


お口を閉じるのが困難な出っ歯を美しい口元に!
   詳細を見る

出っ歯の症例写真

[著しい出っ歯も外科処置を行わずに改善(上顎前突)]
上の前歯が大きく外に出ているため、下の前歯が上の顎の歯の裏の粘膜部分を噛んでいる状態でした。適切な診断と技術によって、より心身に負担の少ない治療法を提案できます。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。

過去の矯正で上下顎前突に。裏側矯正で改善!
   詳細を見る

上下顎前突の症例写真

[口元が前に突き出ている横顔(上下顎前突)]
過去に、抜歯をしないで歯列を広げる方法でデコボコの歯並びを治療した患者様。上下の歯が前に突き出た状態になり、横顔の口元のラインを改善するため当院で治療をしました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。

遠方から通院。裏側矯正でデコボコ+出っ歯を改善!
(20代前半 女性)詳細を見る

裏側矯正でデコボコ+出っ歯を改善

[上下のデコボコと出っ歯(叢生と上顎前突)]
患者様が高校3年生のときに、裏側矯正を希望して遠方からカウンセリングに来てくれた患者様。治療期間中もしっかりと通院されてキレイな歯並びになりました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。

装置を気にしないで学校に行けました!
(13歳 女性)詳細を見る

装置を気にせずに学校に行けました!

[お子様の八重歯と凸凹の歯並び(叢生)]
装置が見えない矯正ということに、ご本人が納得して治療を決意し、快適な学校生活が送れたそうです。お子様にも裏側矯正という選択肢があるのです。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。


お問い合わせ・ご予約はこちらから

働く男の「見えない矯正」体験談

30代からの歯列矯正。「八重歯を治したい!」 見えない矯正で仕事に支障なく矯正治療ができました!

【患者の体験談】 私は歯並びが悪く、特にガタガタの八重歯がとても気になっていました。咬み合わせも悪くて、食事の時は食べにくく感じていました。昔から「歯並びを治したい」と思ってましたが、仕事上いろいろな世代や立場の人と会う機会が多いため、どうしても目立つ器具に抵抗がありました。そんなとき、インターネットで見えない裏側矯正を知り、矯正をしようと決意しました!

◆患者様情報◆ 30代前半会社員(男性) 人と会って話す機会が多い職種。将来は海外勤務を希望
歯並びの状態: 1. 凸凹の歯並び(叢生・八重歯)、 2. 奥歯で噛んだときに前歯が噛めない状態(開咬)の複合症例
治療への希望: 1. 周囲の人にあまり気づかれないように、歯並びを治療したい。 2. 目立つ装置には抵抗がある
治療内容: 上下の顎に、裏側矯正装置で治療 抜歯本数: 4本(上顎2本、下顎2本)
Step1.医院探し 裏側矯正で治療する!

Step1医院探し 「裏側矯正で治療したい!」

裏側矯正をしたくて、複数の医院でカウンセリングを受けましたが、ガタガタ(叢生)で、前歯が咬んでない(開咬)私の歯並びは、「裏側矯正のみでは難しい」と指摘されました。
あきらめきれず、ホームページに自分と似た歯並びの治療例が載っていたアイ矯正歯科クリニックに行ったところ、「裏側矯正のみでキレイになりますよ」と福井院長先生。
早速、次のステップの精密検査をすることにしました。

治療開始 「歯の動きを実感!」

Step2治療開始 「歯の動きを実感!」

精密検査後の診断で、期間や料金、仕上がりなど詳細な説明に納得したので、治療を開始しました。
装置をつけて数ヶ月で、外に飛び出していた八重歯が徐々に歯列に収まって口元がすっきりしてきて、左右対称の顔になりました。 今まで噛み切れなかった麺類も前歯で噛めるようになり、「普通の人はこうやって食べていたんだ!」と、とても感動しました。

治療終了 「仕事と笑顔に自信!」

Step3治療終了 「仕事と笑顔に自信!」

周囲の人にほとんど気づかれずに治療が終わりました。
歯並びがキレイになると、口元に自信がもてるようになって、自然と笑顔で会話することが多くなりました。
表情が変わると、話し方のトーンや相手の印象もずいぶん変わるんですね! 昔からの夢だったアメリカでの仕事も決まって、「矯正をしておいて本当によかった!」と心から思います。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。
POINT! 福井院長のココがポイント!

POINT! 福井院長のココがポイント!

治療前の正面写真のように、奥歯は咬んでいても、前歯は咬み合わずに前歯の上下に隙間ができている不正咬合を「開咬」といいます。前歯で食べ物が噛みきれなかったり、サ行やタ行の発音がしにくいことがあります。 凸凹もあったので、治療が難しいケースでしたが、裏側矯正だけでしっかり治療できました。 >>体験談をもっと見たい方はコチラ

※治療結果は、患者様によって個人差があります。
お問い合わせ・ご予約はこちらから

福井院長に聴く!裏側矯正のギモン

「見えない矯正」のギモンと誤解に福井先生がお答えします!

現在、来院する患者様のほとんどが裏側矯正を希望するアイ矯正歯科クリニック。開業当時から裏側矯正で、歯並びの悩みを持つ患者様の治療にあたり、複雑な裏側矯正のテクニックを磨き続けています。カウンセリングやお問合わせで、患者様からよく質問されるギモンや裏側矯正の誤解について伺いました。

福井 一美先生
▲ 福井 一美先生(歯学博士)
鶴見大学歯学部卒業後、同大学歯学部矯正科の助教、助手を経て平成2年、裏側矯正の「アイ矯正歯科クリニック」を開業。
>> プロフィール詳細はこちら

診察中イメージ

    裏側矯正は表側矯正よりも、治療できる症例が限られているのですか?
  • 歯並びによって、難しいケースや期間がかかるケース、治療しやすいケースはありますが、それは表側矯正も裏側矯正も同じです。担当する矯正医の技術や経験が、治療期間や仕上がり、後戻りなどにも影響します。裏側矯正だからできないということは、ほとんどありません。
    抜歯をしないと矯正治療はできませんか?
  • 歯並びによって抜歯をするケースもありますが、検査をして、歯を抜かずに治療できると診断する症例もたくさんあります。歯を抜かなくても治療できる症例は、抜歯する症例よりも、治療期間が短いメリットがあります。
    歯の裏側に装置があると発音に影響しませんか?
  • 日常生活にほとんど影響はありません。
    お口の状態、癖によっては、装置をつけたばかりの時に、歯の裏に舌をあてて発音するような音(日本語ならサ行・タ行・ラ行、英語なら"s"の発音など)の発音がしにくい人がいらっしゃるかもしれません。装置に慣れれば、普通に発音ができるようになるようです。もしご不安でしたらご相談くださいね。
    歯周病や虫歯で、既にいろいろな歯の治療歴があっても矯正できますか?
  • 虫歯や歯周病など、お口の健康に不安がある方や、差し歯がある方も、インプラントや歯周病治療担当の先生と密に連携すれば、裏側矯正をすることができます。
    「昔は"矯正"なんて考えもしなかったけど、今からできるなら始めたい!」と思って、矯正をする50代・60代の患者様も増えています。人生はまだまだこれからですよ!

福井院長先生からのメッセージ 「一人ひとりの歯並びに合わせて心をこめて治療します」

“表側で治療できるものは裏側でも治療できる” これは私のモットーです。
約20年前、大学で見えない矯正「裏側矯正(リンガルブラケット法)」と出会いました。裏側矯正は、手間がかかり、とても繊細で複雑な調整が必要な治療です。しかし、「矯正装置が見えることで、今まで治療をあきらめていた方も、表側矯正と変わらずにキレイは歯並びになれる環境にしたい!」と思い、装置と技術の向上に努めてきました。
患者様との出会いは一期一会。お一人ひとりに心からに喜んでいただけるように、学習・成長しながら取り組みます。
>> 最新の症例写真がみられる福井院長の診療ブログはこちら!

お問い合わせ・ご予約はこちらから
裏側矯正について詳しく知りたい方はこちらから

医療法人愛美会 アイ矯正歯科クリニック

アイ矯正歯科クリニック

開業16年 患者様の笑顔を守るため、裏側矯正の技術向上に尽力

在籍する矯正医は全て大学病院で矯正の臨床経験を積んだ矯正科医局出身者。
お一人ひとりの治療に、矯正医がベストを尽くして丁寧な診療に努めています。
先天性疾患や口蓋裂、外科手術が必要な顎変形症が保険適応できる表側矯正にも対応している更生医療機関・育成医療機関です。

遠方の患者さんも納得して裏側矯正ができる治療計画をたてています

飛行機や新幹線で通われる遠方の患者様も裏側矯正ができるように、患者様のライフスタイル考慮した治療計画を立てております。料金の分割払いも可能です。お気軽にご相談ください。

基本料金 ※分割払い可(36分割・手数料無料)
歯列矯正 裏側矯正 120万円〜
表側矯正 75万円〜
小児矯正 63万円〜
アイ矯正歯科クリニック
所在地 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾北台8-6
電話番号 045-572-8588
診察時間 火曜〜日曜 10:00〜19:00
休診日 月曜・祝日
詳細はこちらから

このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です