最新技術で精密な歯型を採る「目立たない矯正治療」

協力:医療法人スワン会新宿スワン歯科・矯正歯科

治療中の見た目が気になる患者様の悩みを解決する治療方法として、人気を集めている「マウスピース矯正」。
そのなかでも、特により良い治療結果をもたらすといわれている最新の機器「3D光学スキャンニング」を使ったマウスピース矯正について、詳しくご紹介致します!

精密な歯型採り「3D光学スキャンニング」

3D光学スキャンニング

透明で目立たないマウスピース型の矯正装置を使った治療で注目を浴びている「マウスピース矯正」
マウスピース矯正でより良い治療結果を出すためには、患者様のお口にフィットした精密な矯正装置を作製することが非常に重要です。


その精密な矯正装置の作製を実現するのが、「3D光学スキャンニング」という歯型を採るための最新の機器です。
日本では導入している歯科医院が少ない機器ですが、これを使って歯型を採ると、より精密な矯正装置を作製することが可能です。

3D光学スキャンニングによる歯型採り

専用の機器でお口の中を撮影することによって、歯型を採ります。
約300枚の写真を撮り、約10万に及ぶ歯型を採るためのポイントを計測することで、歯の形の精密なデータを取得します。
この歯型のデータはインターネットを通じてすぐにマウスピース型の矯正装置を作製する米国の製造元へ送ることが可能です。

3D光学スキャンニングによるマウスピース矯正の特長

精密な歯型を採得できる

特殊な光を歯に当てて型採りをするので、シリコン製の印象材での型採りのように取り外す際、万が一の変形の心配もなく、患者様のお口にフィットした精密な矯正装置を作製することができます。

リアルタイムで採得した歯型を確認できる

歯型のデータを取得する際、その経過をリアルタイムでモニタ上で確認しながら進めることができますので、やり直しなどが発生するリスクを回避することが可能です。また、採得したデータをそのまま治療のシミュレーションに使用することができます。

治療期間を短縮できる

取得したデータはインターネットを通して矯正装置を作製する米国の製造元へすぐに送ることができるので、これまでのように空輸で歯型を送っていた場合と比較すると、期間を短縮することができます。

お口の不快感が少ない

シリコン製の印象材とトレーを使った型採りで嘔吐反射が起きてしまいやすい方も、3D光学スキャンニングなら快適に歯型を採ることが可能です。こまめにお口を休めながら、リラックスして歯の型採りを進めていくことができます。

ディスポーザブルで清潔

3D光学スキャンニングの歯を撮影する先端部分は、取り外し式のディスポーザブル(使い捨て)なので、とても清潔です。

治療のシミュレーション
歯型のデータを元にした治療のシミュレーション

3D光学スキャンニングで取得した歯型のデータを元に、スムーズに治療計画のシミュレーションを行うことができます。
このシミュレーションを患者様にご覧いただき、「この歯の角度をもう少し改善したい」「全体的に前歯をもっと内側に入れたい」といったご要望を反映することも可能です。
患者様とイメージを共有しながら、最終のゴールを決めていくことができるのは、マウスピース矯正の大きな利点です。

3D光学スキャンニングについて詳しく知る


快適で目立たないマウスピース矯正

マウスピース矯正

矯正治療といえば、歯の表面に金属製の矯正装置を取り付ける方法が一般的です。
しかし、どうしても治療中は口元の装置が目立ってしまうため、見た目が気になる方は矯正治療を諦める方も多くいらっしゃいました。
そんな見た目のお悩みを解決する目立たない矯正治療として、いま人気を集めているのが「マウスピース矯正」です。


装置は透明なポリウレタン製で、その弾性を利用することで移動させたい歯に力を掛け、歯を動かしていきます。
従来の矯正装置と大きく異なるのは、装置が薄く透明なので、装着していても目立たない点と、患者様自身でつけ外しできる点です。


患者様にとって嬉しいメリットを数多くもつマウスピース矯正の特長について、ご紹介致します。

マウスピース矯正の特長

特長その1

透明で目立たない

マウスピース矯正の矯正装置は、約0.5ミリとごく薄く透明なので、装着していても気付かれることはほとんどありません。
治療中の見た目が気になる方には特におすすめです。


特長その2

普段通り食事を楽しめる

従来の矯正装置は破損を防ぐため、硬い物や粘りのある物は避ける必要がありました。
しかしマウスピース矯正では、食事中は装置を取り外すことができるので、食べ物の制限がありません。


特長その3

金属アレルギーの心配がない

金属製の矯正装置は金属アレルギーのリスクがありますが、マウスピース矯正の矯正装置はポリウレタン製なので、金属アレルギーの心配はありません。


特長その4

口の中を傷つけない

従来の矯正治療では、ワイヤーや留め具がお口の中の粘膜や舌にあたって出血や腫れ、口内炎が生じることがありましたが、マウスピース矯正では口の中を傷つけることがありません。


特長その5

お手入れしやすい

一般的に矯正装置を付けるとブラッシングしにくく、虫歯になりやすくなりますが、マウスピース矯正は装置を取り外せるので、これまで通りにブラッシングでき、お口の中を清潔に保つことができます。


特長その6

治療期間が比較的短く済む

同じく目立たない矯正治療の一つであるワイヤーを使った裏側矯正と比較すると、治療期間が短く済みます。


特長その7

治療のゴールをイメージできる

治療前に歯が動いていく過程をコンピュータ上でシミュレーションできるので、治療完了までの歯の動きをイメージしやすくなります。


マウスピース矯正の流れ

3D光学スキャンニングを使ったマウスピース矯正は、おおよそ以下のような流れで治療が進みます。治療期間は、患者様の歯並びの状態によって異なりますが、数ヵ月〜2年ほどです。


矯正装置は1日20時間以上は装着し、2週間ごとに治療の段階に合わせて作製した新しい装置につけ替えていきます。

→
1 検査・診断 2 歯型採り 3 矯正装置を作製 4 治療開始 5 保定
お口の中の状況を詳しく調べる検査を行います。
この検査結果をもとに治療計画を立て、患者様にご説明します。
矯正装置を作製するために、3D光学スキャンニングで患者様の歯型を採ります。
そしてこの歯型のデータをもとに治療のシミュレーションを行います。
米国の製造元に装置の作成を依頼します。
3Dコンピュータを用いて患者様の歯型にぴったりの装置を作製します。
2週間ごとに新しい装置に段階的に交換しながら、徐々に歯を動かしていきます。 目指す位置まで歯が動いたら、他の治療方法同様、それを維持するために保定が必要となります。

また、矯正装置の中にホワイトニング剤を入れることで、矯正と同時にホワイトニングも行うことも可能です。
歯並びだけでなく、色も改善できるので、効率的により美しい歯を手に入れることができます。

マウスピース矯正について詳しく知る

症例紹介&患者様の声

スワン歯科で実際にマウスピース矯正を受けられた患者様の症例と体験談をご紹介致します。

マウスピース矯正の治療例

マウスピース矯正のbefore&after

上顎前突(出っ歯)をマウスピース矯正で改善

20代 女性 (会社員)

上の前歯2本と犬歯が突出しており、隣の歯と重なって歯並びが乱れていた患者様。
金属製の装置を着けることに抵抗があったため、マウスピース矯正を希望されました。


治療前に抜歯した場合と抜歯しない場合を両方シミュレーションしたところ、抜歯したほうがより前歯の歯並びが改善することを確認され、抜歯をして治療を行うことを選択されました。


治療後は、突出していた前歯は適切な位置に戻り、噛み合わせも改善。隣の歯との重なりもなくなったので、歯磨きもしやすくなりました。


※治療結果は、患者様によって個人差があります。

マウスピース矯正の症例をもっと見る

患者様からのからの喜びの声

口元を気にせずに笑えるようになりました!

シルエット1

笑ったときに前歯だけ目立つことが小さい頃からコンプレックスでした。周りの人に気づかれたくなかったのでマウスピース矯正を選択しましたが、痛みも少なかったです。
口元を気にせず、自然に笑えるようになったことがなによりうれしいです。


ホワイトニングも同時にできました!

シルエット2

マウスピース矯正では、矯正装置を使ってホワイトニングも一緒にできると聞き、以前から歯並びだけでなく歯の色も気になっていたので、一緒にやってみることにしました。
矯正治療が終わると、歯並びだけでなく歯の色もきれいになり、笑顔に自信がつきました!

しっかり噛める歯に感動!

シルエット3

年齢のこともあって治療をためらいましたが、せっかく白い被せ物を入れても歯並びの問題でかみ合わせが悪いと感じていたので、思い切って治療に踏み切りました。
歯が少しずつ動いていくのが実感できてうれしかったですね。しっかり噛めるようになり、あきらめずに治療してよかったです。

装置が届くのが待ち遠しかった!

シルエット4

最初のカウンセリングのときは不安でドキドキ。でも、先生が治療方法について丁寧に説明してくださり、治療のシミュレーションの結果を見てからは、矯正装置が届くのが待ち遠しいくらいでした。治療後は歯並びもきれいになり、快適です。
いまでは矯正治療を受けて本当によかったと思っています。


他の患者様の体験談を見る


あなたに合った「目立たない矯正」を

医療法人スワン会新宿スワン歯科・矯正歯科 院長:杉原彩子先生

監修ドクターインタビュー:「目立たない矯正」について

治療中の見た目が気になる患者様のお悩みを解決する「目立たない矯正治療」には、いくつかの方法があります。
大切なのは、患者様の歯並びの状態や治療費、治療期間などを踏まえて、最も適した治療方法を選択することです。


当院では、3D光学スキャンニングを使ったマウスピース矯正をはじめとして、裏側矯正や透明で目立たないブラケットによる治療もご提案することが可能です。
患者様のお口の状態によってはマウスピース矯正が適していない場合もございますが、ワイヤーを使った矯正と併用し、短期間で効率的に歯並びを整えていく治療もご提案できます。


医療法人スワン会では、患者様主体の治療を心掛けており、必ず患者様に十分にご理解・ご納得いただいたうえで治療を進めています。
「患者様ご自身が治療を選択できるようにすること」を重視しておりますので、治療に関する説明は難しくなりがちですが、検査データや画像、模型を用いながらわかりやすくご説明するように心掛けております。現在のお口の中の状態や検査結果、これからの展望、考えうる治療の選択肢についてしっかりご理解いただくことで、患者様ご自身が治療を選択し、ご納得いただいたうえで治療を進めることができるのです。
私たちは、決して歯科医師主導で勝手に治療を進めてしまうことは致しません。患者様の気持ちに寄り添い患者様のペースで治療を行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

無料メール相談・お問い合わせはこちら

協力医院ご紹介: 医療法人スワン会

医療法人スワン会 新宿スワン歯科・矯正歯科

患者様の立場にたったやさしい診療を

新宿スワン歯科は、患者様の大事な社会生活をサポートするために、最新の機器と技術を用いて全力で歯科医療に取り組むことはもちろん、常に患者様の立場にたち、患者様が快適に治療を受けられるように心掛けております。
ぜひお気軽に相談ください。

ホームページを見る
院内のイメージ写真1 院内のイメージ写真2 院内のイメージ写真3
所在地 〒160-0023 
東京都新宿区西新宿1-13-8 
朝日新宿ビル3階
最寄駅 JR「新宿駅」徒歩3分
電話番号 03-5325-6070
診療時間 月曜〜土曜
10:00〜13:00 / 14:00〜18:00 
※日曜は矯正特診日です。
休診日 祝日

医療法人スワン会 ミッドランドスワン歯科・矯正歯科

ホームページを見る
所在地 〒450-6208
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
ミッドランドスクエア8階
最寄駅 各線「名古屋駅」より徒歩1〜5分
電話番号 052-581-0010
診療時間 平日・土曜・祝日 9:30〜13:00 / 14:00〜19:00
日曜 9:30〜13:00 / 14:00〜17:30
休診日 なし

このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です