裏側矯正の歴史 - フジタメソッド

裏側矯正の歴史

裏側矯正のイメージ

裏側矯正の歴史を紐とくと、1971年に東京医科歯科大学の三浦教授らが、歯にブラケットを直接接着させる方法を開発したことが大きなきっかけとなっています。その後、神奈川歯科大学の藤田欣也先生がマルチリンガルブラケット法(内側矯正、裏側矯正)を開発したことから裏側矯正の歴史が始まります。藤田先生は1978年に最初の英語論文を発表し、さらに1979年、1982年にはアメリカの矯正歯科学会誌に治療例を含めた論文を掲載しました。しかし、残念ながら、当時裏側矯正はそれほど普及しませんでした。それは当時の環境、特に歯科医師不足、矯正歯科医の数も現在とは比べ物にならないほど少なかったことが原因と考えられます。

アイ矯正歯科クリニックと裏側矯正

フジタメソッドのブラケット形状

当クリニックの院長は、歯科医師になって以来、裏側矯正を用いた治療を行っています。院長が矯正歯科治療を志したのは1985年のことです。当時、矯正治療がまだ一般化したとはいえない日本では、成人になっても多くの方が歯並びの悪い状態のままでした。いざ矯正治療を始めても、今度はブラケットが目立ち、好奇の目で見られたりもしました。その傾向はいまだに続いているかもしれません。

当時、多くの患者様から「裏側からできると聞いたのですけど、できないのですか?」という言葉をいただき、悔しい思いをしました。そこで藤田先生の門を叩くことにつながっていきました。それから早い物で30年の月日が経ち、アイ矯正歯科クリニックを開業して22年が経ちます。以来、この藤田先生が開発したブラケットを使用して治療を行っています。フジタメソッドと言われるこの治療法の特徴は、特殊なブラケットの形状にあります。一般の表側からの装置はワイヤーが1本しか入りません。しかし、「フジタメソッド」を用いたブラケットにはワイヤーが2本入れられる溝と中央に穴が開いています。今でもこの多機能なブラケットは進化を続けています。

治療を行う院長

2本のワイヤーを使った治療法

フジタメソッドの機能を引き出した
ダブルマッシュルームアーチワイヤーテクニック

ワイヤーを2本使用した症例の写真?

裏側からのアプローチは患者様それぞれの歯の厚みや大きさの影響を受けます。ただまっすぐなワイヤーを入れるという訳にはいきません。もしそんなことをしたら、歯はデコボコに並んでしまいます。
裏側矯正では、ワイヤーを曲げて調節する必要があります。これは裏側矯正の宿命でもあります。表側矯正の技術よりも、より複雑で精巧な技術が必要になります。また歯を動かす力の作用点は裏側にあり、これが表側矯正とは違う歯の移動を可能にします。

ワイヤーを2本使用した症例の写真?

当院では独自に開発した「ダブルマッシュルームアーチワイヤーテクニック」という治療法を実践しています。
従来から「フジタメソッド」を用いたブラケットには2つのワイヤーを入れる溝がありましたが、その溝に同時に2本のワイヤーを入れて矯正力を作用させるという発想はありませんでした。
当院で開発したこの治療法では、同時に2本のワイヤーを入れることによって歯の角度をコントロールしたり、平行に歯を移動させることが可能になります。より多くの症例が裏側からのアプローチで治療することが可能になりました。
ただし、欠点もあります。それはさらに複雑な技術と細かな調整が必要になったということです。しかし、より精密な治療が行えることになったのは間違いありません。

リンガルブラケットのメリット

抜歯・非抜歯症例におけるリンガルブラケットのメリット

患者様の多くは、抜歯を嫌がります。それは当然のことだと考えます。抜歯するかしないか?これは治療を進めるうえでの大きな問題だと捉えています。実は矯正歯科医も、抜歯はしたくないものです。抜歯をする理由は様々ですが、要約すると歯を抜いた場所に他の歯を移動して排列するということになります。
また、口もとを後方に下げたいという方は多くいらしゃいますが、この場合も抜歯での治療となります。リンガルブラケットの場合、抜歯の可能性がわずかですが減少します。その理由は、歯の裏側に装置を着けるため、その力の作用点によって歯は前方に移動しづらく後方に移動しやすいということがあります。歯が前に出なければ口元の突出が減少して、抜歯の機会も減ります。さらに表側に装置が無いので、口唇の内側への自然な圧力を得ることができます。これは歯を内側に入れる力学の補助となります。

上顎前突の症例

院長:福井 一美

院長紹介

アイ矯正歯科クリニック 院長:福井 一美

裏側矯正を通じて、患者様のお悩みを解決し、皆様の健康に貢献してまいります。
目立つ装置に抵抗があり、矯正歯科治療をためらわれていた方は、ぜひ一度ご相談ください。

医療法人愛美会 アイ矯正歯科クリニック

所在地
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾北台8-6
電話番号
045-572-8588
診療時間
火曜〜日曜 10:00〜19:00
休診日
月曜・祝日
アクセス
JR京浜東北線・鶴見線 『鶴見駅』 徒歩13分
『二本木』バス停留所下車、徒歩1分
お車でお越しの方へ 駐車場を備えております
HP
http://www.invisible.ne.jp/
ご予約・治療のご相談
ご予約
治療のご相談
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です