3Dデジタル裏側矯正とは

デジタル化で効率的に歯を動かす裏側矯正

デジタル化で効率的に歯を動かす裏側矯正

当院では、「3Dデジタル裏側矯正」とよばれるデジタル機器を導入した裏側矯正を提供しております。

通常の裏側矯正との違いは、矯正装置を制作する作業工程にあり、治療計画から矯正装置の作製までの工程を「デジタル化」していることです。

「3Dデジタル裏側矯正」では、まず患者様の歯型の模型を3Dスキャナで読み込み、歯並びの情報をデータ化します。
そしてそれをもとにコンピュータ上でシミュレーションを行うことで、より効率的で詳細な治療計画に基づいた、矯正装置を作製します。

3Dデジタル矯正の特徴

より短い期間で治療できる

より短い期間で治療できる

非抜歯または抜歯した場合の裏側矯正治療など、様々な治療パターンをコンピュータ上でシミュレーションすることで、より効率的に歯が動く方法を選択することができるため、治療期間を短縮させることが可能です。
また、治療期間を短縮することは、無駄な治療費を抑えることにも繋がります。

精密な矯正装置を作製できる

精密な矯正装置を作製できる

デジタル裏側矯正では、従来は手作業で行っていた多くの作業工程を省略できるようになりました。
また、コンピュータシミュレーションのデータに基づくことで、手作業ゆえの誤差が発生することもなく、より精密な矯正装置を製作することができます。
そして、精密な矯正装置は、矯正装置の装着時や交換時の違和感を軽減します。

治療プロセスを確認できる

治療プロセスを確認できる

患者様に現在の歯並びをコンピュータ上で立体画像としてご覧いただくことができるだけでなく、実際にどのようにご自分の歯が整っていくかを治療前に確認することができるため、治療内容を理解し、十分に納得したうえで治療を進めることができます。

矯正装置を着けるまでがスムーズ

矯正装置を着けるまでがスムーズ

当院では、デジタル裏側矯正を提供するために必要な機器をすべて院内にそろえているだけでなく、技工所も併設しているため、外部の技工所に矯正装置の作製を発注する必要がありません。
また、歯科医師と歯科技工士が直接コミュニケーションを取ることができるため、時間をロスすることなくスムーズに矯正装置を作製することができます。

3Dデジタル裏側矯正の流れ

  • STEP1

    カウンセリング

    カウンセリング

    カウンセリングでは、患者様の現在の歯並びに関するお悩みやご要望をじっくりとお伺い致します。そして、お口とお顔の写真を撮影し、その写真と問診票をもとに簡易的に診断させていただきます。
    診断結果や治療内容、費用について丁寧にご説明致しますが、気になることや疑問がございましたら、どうぞ遠慮なくご質問ください。

  • STEP2

    精密検査

    精密検査

    カウンセリングでの簡易診断で当院での矯正治療をご希望される場合は、精密検査を行います。
    検査内容は、歯型取得・レントゲン撮影(前面・側面)・CT撮影・精密な写真撮影(口腔内・顔面)などです。この精密検査で取得したデータをもとに最終的な診断をし、治療計画を立てます。

  • STEP3

    患者様へのご説明

    患者様へのご説明

    患者様お一人おひとりの症状やお悩みに適した詳細な治療計画を立て、治療方法、治療に関わるリスク、治療期間、治療費やその支払い方法などについて分かりやすくご説明致します。
    患者様に十分にご理解いただき、同意をいただきましたら、精密検査のデータをもとに矯正装置の作製に取り掛かります。同時に治療中の歯磨きについてレクチャー致します。

  • STEP4

    患者様へのご説明

    コンピュータシミュレーション

    患者様の現在の歯型の模型を作製し、それを3Dスキャナで読み込んでデータ化します。そして、そのデータをもとにコンピュータ上で様々な歯の移動パターンをシミュレートし、患者様の負担を抑えつつ、効率的に歯を移動できる方法を決定します。

  • STEP5

    矯正装置の作製

    矯正装置の作製

    従来は石膏模型で作製してきた「歯の移動の予測モデル」を、コンピュータシミュレーションのデータをもとに3Dプリンタで作製します。
    そして、院内の技工所に常駐している歯科技工士が、3Dプリンタで作製した「歯の移動の予測モデル」を使って、精密な矯正装置を作製します。

  • STEP6

    装置の装着、治療スタート

    装置の装着、治療スタート

    矯正装置を患者様の歯の裏側に装置し、治療がスタートします。
    治療中は3から6週間に1回のペースでご来院いただき、経過観察、装置の調整やクリーニングなどを行います。
    治療期間は、「短期間裏側矯正」が6ヵ月から、「ノーマル裏側矯正」ですと1年半から2年程度です。

  • STEP7

    装置の取り外しと保定

    装置の取り外しと保定

    目標とする状態まで歯が移動し、歯並びが整ったことを確認したら、裏側矯正装置を取り外します。
    そして、整った歯並びをキープさせるため、保定装置を装着していただきます。保定期間中は、3ヵ月から半年のペースでご来院いただきます。

  • STEP8

    治療完了

    治療完了

    噛み合わせを含む最終検査を行い、整った歯並びが無事に定着したことを確認したら、治療は完了です。
    当院では、治療を完了された方に記念として矯正ダイアリーを差し上げております。

治療に使う設備や機材

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTは、口元に対して様々な方向からX線を照射して撮影し、その撮影データをコンピュータ処理することで、歯や顎の断層画像と立体画像を取得することのできる装置です。

レントゲンでは確認することのできないお口の奥や裏側、顎の内部構造や埋伏歯、神経の位置など口元の細かな状態を、三次元的かつ精確に把握することができるため、リスクを回避し、より患者様に適した治療計画を立てることに役立ちます。また、歯科用CTで取得したデータは、ほかのデジタルデータと併せることで、精密な矯正装置の作製に活かされます。

3Dスキャナ・3Dプリンタ

3Dスキャナ・3Dプリンタ

3Dスキャナは、患者様の現在の歯並びの歯型模型を読み込み、デジタルデータ化させることができます。このデータをもとにコンピュータ上でシミュレーションを行うことで、より負担が少なく、より早く歯を移動させる治療プランを立てることができます。

3Dプリンタは、シミュレーションデータをもとに、「歯の移動の予測モデル」を作製します。これにより、スムーズかつ精密に矯正装置を作製することができます。

院内ラボ(技工所)

院内ラボ(技工所)

当院では、院内に技工所を併設しています。

一般的には、外部の技工所に発注する矯正装置の作製業務を、院内ラボの歯科技工士が歯科医師と密に連携しながら行うことで、無駄なコストや時間のロスをカットしつつ、より良い矯正装置を作製することができます。

このように当院では、スピーディーかつきめ細やかな「患者様に寄り添った治療」を提供するための体制や設備を整え、日々診療を行っております。 歯並びでお悩みでしたら、どうぞお気軽に当院の無料カウンセリングにお越しください。

横浜駅前歯科・矯正歯科

所在地
神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル13階
電話番号
0120-418-139(フリーダイヤル)
診療時間
月・火・水・金曜 12:30〜20:30 土曜・日曜・祝日 9:30〜12:30 / 13:30〜17:30
休診日
木曜・日曜月曜隔週
アクセス
JR各線・京急本線・東急東横線・市営地下鉄・相鉄線 『横浜駅』 西口より徒歩1分
HP
http://www.yokohamakyousei.com/
ご予約・治療のご相談
ご予約
治療のご相談
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です