装置が見えない裏側矯正

裏側矯正とは

裏側矯正とは

ワイヤーとブラケットとよばれる矯正装置を、歯の表側ではなく、歯の裏側(舌側)に装着する矯正方法です。

表側からは装置が見えないため、他人に知られることなく美しい口元を手に入れることができます。

裏側矯正は、ほとんどのケースと年齢に適応できる矯正方法ですが、熟練した技術と多くの知識が歯科医師に必要とされるため、どこの歯科医院でも受けられる治療方法ではありません。

裏側矯正の特長

矯正装置が見えない

矯正装置が見えない

矯正装置が見えないので、まわりに矯正治療を受けていることを知られたくない方や、人前で話をする機会の多い方におすすめの治療方法です。
当院でも毎日口元を気にせずに矯正治療ができると患者様に好評です。

虫歯になりにくい

虫歯になりにくい

歯の表側より裏側の方が歯の表面のエナメル質が3倍厚いことと、歯の.裏側には殺菌作用がある唾液が常に循環していることから、表側に矯正装置を装着する場合よりも虫歯になりにくいという特長があります。もちろん、矯正治療中は適切な歯磨きとクリーニングをすることが大切です。

出っ歯を効率的に治療できる

出っ歯を効率的に治療できる

裏側矯正の場合は、奥歯が前方に動いてくることがあまりありません。奥歯は前歯を後方に引く力の固定源となるので、前歯をしっかりと引っ込めることができます。つまり、裏側矯正は、出っ歯を治療したいケースにおいて、効率的に歯並びを整えることができるのです。

後戻りのリスクが少ない

後戻りのリスクが少ない

治療後の後戻りの原因として、物を飲み込んだり発音したりする際に歯の裏側を押す癖(舌癖)があります。裏側矯正は歯の裏側に装置があるため、舌が裏側の装置を避けようとし、自然と舌癖を防止することができます。

痛みや違和感が少ない

痛みや違和感が少ない

ワイヤーの弱い力を持続的に作用させることで痛みを軽減させることができます。また、当院が裏側矯正で使用している矯正装置のブラケットは薄くて小さいので、発音する際の不快感も軽減できます。

裏側矯正の症例写真

治療前 治療中
治療前 治療中
歯の裏側に装置をつけることで、他人に知られることなく歯並びを改善することができます。
※治療結果には、患者様によって個人差があります。
治療前 治療中
治療前 治療中
薄くて小さな形態のブラケットを使用することで、痛みはほとんど感じません。また、効率的に歯を動かすことができます。
※治療結果には、患者様によって個人差があります。

新港イトセ歯科・矯正歯科

所在地
大分県別府市新港町5-1 シャインリゾート別府2階
電話番号
0977-21-4477
診療時間
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜17:00
日曜・祝日 9:00〜13:00
休診日
お問い合わせください
アクセス
大分交通、亀の井バス 『別府警察署前』下車 徒歩3分
HP
http://shinminatoitoseshika.com/lp_kyousei-1507/
ご予約・治療のご相談
ご予約
治療のご相談
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です