後戻りしてしまった叢生(歯のでこぼこ)の治療症例

上下前歯のでこぼこと非抜歯矯正治療の症例

主訴:子どもの頃に矯正治療したが、後戻りしてしまった上下前歯のでこぼこをきれいにしたい。
治療期間:1年2ヵ月

過去の矯正治療時に、上下左右1本ずつ抜歯しているため、非抜歯矯正治療を選択。上下顎の叢生(でこぼこ)は、ワイヤー装置による歯列の拡大とIPR(歯と歯の間を削り、すき間をつくる処置)にて解消しました。

治療前

上下前歯のでこぼこと非抜歯矯正治療の症例

※治療結果は患者様によって個人差があります。

問題点として上下顎叢生(でこぼこ)、上下顎第1小臼歯既抜(過去の矯正治療のために抜歯済み)、過蓋咬合(噛み合わせが深い状態)、上下正中線のズレがあります。

治療中

上下前歯のでこぼこと非抜歯矯正治療の症例

※治療結果は患者様によって個人差があります。

矯正装置を装着し、6ヵ月後。上下の叢生(でこぼこ)が改善されてきました。

治療後

上下前歯のでこぼこと非抜歯矯正治療の症例

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療期間14ヵ月で治療が完了しました。

院長: 岩田 直晃
資料提供
アールエフ矯正歯科
院長: 岩田 直晃

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函