矯正治療前後のお顔の変化(輪郭、口もとの変化)

かみ合わせと顎のラインの関係

矯正治療で側貌(横顔)が変化することはよく知られていますが、正貌(正面から見た顔)も変化します。
矯正後の正貌変化矯正治療により、かみ合わせが改善されて良くかめるようになります。そうすると、無駄に力を加えてかんでいたことで、肥大していたかむ筋肉(咬筋)の負担が軽減されます。
筋肉の肥大が改善されると、アゴのラインがスッキリとして、細くなり、お顔が治療前よりも小さく見える場合があります。(※症状により個人差はあります。)
四角い顔、アゴが張っている、頬がふっくらしているなど気になっていた方・・・・実はかみ合わせが悪いのではありませんか?

【症例写真】矯正治療前後の顎のラインの変化

治療前 治療後
治療前→
治療後
治療前→治療後
治療前→治療後
治療前→治療後
治療前→治療後
治療前→治療後

※掲載している写真は実際に当院で治療した例ですが、症状により治療の結果に個人差が出る場合があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック