上顎前突(出っ歯)を舌側矯正と表側矯正にて治療した症例

上顎に舌側矯正を使用した?級1類の1症例

主訴:出っ歯を治したい  初診時年齢:21歳2ヶ月 性別:女性

診断:
1.上顎骨の過成長による骨格性情顎前突
2.上下顎叢生
治療計画:
1.上顎舌側(リンガルブラケット)、下顎唇側(表側ブラケット)より、マルチブラケット法による矯正
4.下顎臼歯の直立化
5.上顎加強固定
6.上顎第一小臼歯抜歯
7.保定

動的治療期間: 2年2ヶ月  治療回数:26回  保定期間:2年

予後の評価:後戻りもなく良好、エステティクラインは改善、スマイルラインも改善された。

歯並びの変化

術前(正面) width=術後(正面)
術前(側方) width=術後(側方)

顔の変化

術前(正面) width=術後(正面)
術前(右側) width=術後(右側)
術前(左側) width=術後(左側)
 width= width= width=
横谷浩爾先生
資料提供
青山外苑矯正歯科
院長:横谷 浩爾先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る