上顎前突(出っ歯)を舌側矯正と表側矯正にて治療した症例

上顎に舌側矯正を使用した?級1類の1症例

主訴:出っ歯を治したい  初診時年齢:21歳2ヶ月 性別:女性

診断:
1.上顎骨の過成長による骨格性情顎前突
2.上下顎叢生
治療計画:
1.上顎舌側(リンガルブラケット)、下顎唇側(表側ブラケット)より、マルチブラケット法による矯正
4.下顎臼歯の直立化
5.上顎加強固定
6.上顎第一小臼歯抜歯
7.保定

動的治療期間: 2年2ヶ月  治療回数:26回  保定期間:2年

予後の評価:後戻りもなく良好、エステティクラインは改善、スマイルラインも改善された。

歯並びの変化

術前(正面) width=術後(正面)
術前(側方) width=術後(側方)

顔の変化

術前(正面) width=術後(正面)
術前(右側) width=術後(右側)
術前(左側) width=術後(左側)
 width= width= width=
横谷浩爾先生
資料提供
青山外苑矯正歯科
院長:横谷 浩爾先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函