成人の上顎前突治療例(舌側矯正装置+インプラント矯正、抜歯)

初診時

初診時口腔内写真です。重度の上顎前突症叢生(そうせい)の合併症です。下顎をみると左側の第一小臼歯と右側側切歯が完全に歯列から逸脱し、上顎の前歯は下顎の前歯より1cm以上前突しています。
上顎左右の第一小臼歯と下顎左右の第一小臼歯の4本を抜歯し、さらに、効果的に上顎前歯の後退をはかるため上顎口蓋側臼歯部に固定源のための矯正用ミニインプラントを埋入することにしました。

正面

▲ 正面

上顎

▲ 上顎

下顎

▲ 下顎

治療開始12ヵ月

治療開始12ヵ月後の口腔内写真です。上顎はインプラントを固定源として前歯部を後方に牽引しています。下顎は若干残ったスペースを閉じています。またパラタルバー(上顎の奥歯のねじれの改善や固定に使用する装置)、顎間ゴムも使用しています。

正面

▲ 正面

上顎

▲ 上顎

下顎

▲ 下顎

終了時

治療期間は1年11ヵ月間でした。初診時は上顎左側第二大臼歯に大きな虫歯があるなど口腔内環境は極めて悪く、症状的にも相当な難症例でしたが患者様の治療に対する協力度も良好だったため、良い治療結果を得られました。口元の突出感の改善も相当なもので患者様は「顔の形が変わった!」ととても喜んでくださいました。

正面

▲ 正面

上顎

▲ 上顎

下顎

▲ 下顎

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る