歯列矯正治療後のブラックトライアングルを改善した症例

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間の歯肉が下がり、前歯などに黒く三角形の隙間ができている状態をいいます。

症例写真

BEFORE 歯と歯肉の間の隙間を改善したケース

矯正治療が終わったあとに、歯と歯肉の間にできているブラックトライアングルを治療したケースです。口腔内写真を見ると、特に前歯に三角の隙間が目立ちます。

▼ ブラックトライアングル治療前の口腔内写真ブラックトライアングル

AFTER

▼ 治療前後の比較 (正面)

ブラックトライアングルが改善されると、お口元がよりイキイキと健康的に見え、お顔の印象も変わります。治療は1日で完了しました。

ブラックトライアングル

▼ 治療前後の比較 (側方)

横から撮影した写真です。サイドから見てもブラックトライアングルが改善され、お口が引き締まって見えます。

ブラックトライアングル

※治療効果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函