歯列矯正治療後のブラックトライアングルを改善した症例

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間の歯肉が下がり、前歯などに黒く三角形の隙間ができている状態をいいます。

症例写真

BEFORE 歯と歯肉の間の隙間を改善したケース

矯正治療が終わったあとに、歯と歯肉の間にできているブラックトライアングルを治療したケースです。口腔内写真を見ると、特に前歯に三角の隙間が目立ちます。

▼ ブラックトライアングル治療前の口腔内写真ブラックトライアングル

AFTER

▼ 治療前後の比較 (正面)

ブラックトライアングルが改善されると、お口元がよりイキイキと健康的に見え、お顔の印象も変わります。治療は1日で完了しました。

ブラックトライアングル

▼ 治療前後の比較 (側方)

横から撮影した写真です。サイドから見てもブラックトライアングルが改善され、お口が引き締まって見えます。

ブラックトライアングル

※治療効果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る