デーモンシステムの構造と特徴 (動画)

動画解説 「デーモンシステムの特徴 歯が動きやすく痛みの少ない装置」

デーモンシステムは、従来のマルチブラケット装置よりも、歯が動きやすくて矯正治療中の痛みがより軽減された構造になっています。デーモンシステムの構造と特徴について、模型を使用して詳しく解説しました。

デーモンシステム
大江ビル矯正歯科 院長 : 古川 哲
(日本矯正歯科学会認定医)

デーモンシステムの種類と特徴

半分透明タイプと金属タイプがあります

デーモン3(半分がレジン性の透明タイプ)▲ デーモン3(半分がレジン性の透明タイプ)
デーモン3MX(薄さが特徴の金属タイプ)▲ デーモン3MX(薄さが特徴の金属タイプ)

従来の装置との比較

従来の矯正装置と比較して「治療期間が速い」・「痛みが少ない」・「目立たない」・「通院回数と診療に掛かる時間が少ない」というメリットがあるのが特徴です。
デーモンシステムのブラケットは、ブラケットに通すワイヤーとの摩擦を軽減した構造により、患者様への負担が少ない治療法です。
治療結果は従来のものと変わらず、大人からお子様まで使用可能です。

2種類のデーモンシステムの組み合わせた例

2種類のデーモンシステムの組み合わせた例

上はデーモン3(外側が半透明なレジン、中央が金属)・下はデーモン3MX(金属)にすると、 負担のかかりやすい下顎の装置の壊れやすさが改善されます。

古川 哲先生
資料提供
大江ビル矯正歯科
院長 : 古川 哲
日本矯正歯科学会認定医

このページの先頭へ

歯の豆知識
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック