知覚過敏の治療

▼知覚過敏の治療


知覚過敏の治療法には、しみるのを防ぐ薬をぬったり、詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぐ方法があります。

<薬を塗る>
歯の象牙質に薬を塗って、刺激が伝わりにくいようにします。
歯磨き治療を合わせると効果が表れます。

<詰め物を詰める >
歯の表面が削れていたり、損傷が大きくなって刺激が伝わりやすくなっている場合は詰め物で埋めて刺激が伝わるのを防ぎます。

< 歯の神経を抜く(抜髄)>
知覚過敏が重症の場合は歯の神経を抜きます。しかし歯の神経を抜くと歯はもろくなってしまうため、最終手段として用いられます。

<その他>
イオンを導入したり、レーザー治療で歯垢をためにくくして知覚過敏を予防するといった治療法もあります。

関連ページ
■矯正治療についてのご相談。専門医がお答えします。→ 矯正歯科相談室
■あなたに合った矯正歯科専門医院を探してみませんか。→ マッチングシステム
■矯正歯科に関してよく寄せられる質問を紹介します。→ 矯正歯科治療 Q&A

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る