KENTさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

上前歯欠損のインビザラインについて

はじめまして
3Dスキャン等も完了し、インビザラインのクリンチェックを待っている状態なのですが、契約後に「そういうものなのかな?」と腑に落ちない点があり、再度確認したのですがやはり時間が経つと不安になってしまい、契約後の流れについて詳しい先生がいらっしゃいましたらご教授いただければと質問させていただきました。

現在、幼少期の過剰歯の治療ミスや、管楽器演奏の妨げになるため一本上前歯が欠損している状態です。

これまで何軒も矯正歯科を回り様々な方法をご提案頂きました。
今回の歯科ではインプラントやブリッジを使わずに、インビザラインのみで整えるということで、アライン・テクノロジー社よりシミュレーションが届いた段階で確認、発注すると言われています。

素人判断ではありますが欠損してる分、正中や噛み合わせ等うまくいかないのでは?と不安です。
シミュレーションの前までに具体的な治療方針をもっと詳細に相談したりするものだと思っていたので、再度電話で確認したところ、インビザライン装着前の抜歯はせずに治療を行う、それ以降に関してはシミュレーションが届いてから、と言われています。
他の患者さんもシミュレーションを見て納得しない方はほとんどいないので安心してくださいとのことでした。

そこで疑問なのですが、アライン・テクノロジー社から届く治療計画というのは正中や噛み合わせ等も含め考慮してある状態なのでしょうか?
また、アライン・テクノロジー社からシミュレーションが届いた後でも治療計画の変更の相談などできるものなのでしょうか?
契約した歯科に、その点も確認したところ「矯正完了後の修正も可能」という回答で「開始前ではないのか!?」不安になってしまいました。

長い間悩んできていたのにも関わらず契約を済ませてしまった自分が悪いのですが、アライン・テクノロジー社と歯科医院間のフローまではわからず、契約を済ませてしまいました。
インビザラインに詳しい先生いらっしゃいましたらご教授いただけると幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

さいたま市のSilver Lace矯正歯科と申します。

アライン社から届くシミュレーションを作っているのは、矯正の知識に乏しい外国人のエンジニア(当然、日本の医療関係の資格は何も持っていません)が大半ですので、3Dスキャンをデータをアライン社に送る段階で治療方針を伝えておかないと、およそ実現不可能なシミュレーションを届けてくることが多いです。

正中や咬み合わせが考慮してあるシミュレーションが届くかどうかは、矯正担当の医院がそれらを考慮した治療計画をアライン社に伝えていればそうなりますし、そうでなければどうなるかわかりません。

シミュレーションが届いた後、実際の治療開始前でも治療計画の変更はアライン社的には可能です。あとは矯正担当の医院がするかしないかです。

アライン社と歯科医院間のフローについては特に決まったものはなく、各医院で独自なものがあります。

相談者さんのおっしゃる通り、治療方針を詳細に相談してから3Dスキャンなり印象採得なりをして、シミュレーション作成に移行するのが普通だと思います。そうでないと治療目標がはっきりせず、なんとなく歯を並べるだけの治療で終わってしまうからです。

シミュレーションが届いた後でも、十分な治療計画の変更は可能ですので、相談者さんと担当の矯正歯科では、これから詳細な相談が始まるものと思います。疑問に思ったところはそのままにせず、十分に納得した上で治療をスタートできるように頑張って下さい。
  • KENT(35歳 男性 自営業 )
  • 2017年12月27日13時59分
ご回答ありがとうございました!

> 3Dスキャンをデータをアライン社に送る段階で治療方針を伝えておかないと、およそ実現不可能なシミュレーションを届けてくることが多いです。
確かにそうですよね。
世界中から届いたデータを集約しているんですもんね。。

カウンセリングには何軒も周りましたが、契約を済ませた後のことははじめてで、今回歯科医のカウンセリングを受けて精密検査→契約→次回装着、と先生と話す機会が一度しかなく、歯科医院によって異なるとは思いますが、3Dスキャンを撮って簡易的なシミュレーションをしてから、アライン社に発注をするものだと思っていたので不安で仕方がありませんでした。(受付の話では発注も全て済ませ次回装着、と言われています)

シミュレーション画像を見て納得しない方はほとんどいないとは言われていますが、年明けにアライン社からの画像を送っていただくことになっています。
現状ですと歯科医院の中では治療方針がなんとなく決まっているのかもしれませんが、こちらはわかりませんし、先生のアドバイス通り、改めてシミュレーションが届いた段階で相談してこようと思います。

アドバイスありがとうございました!
一つだけアドバイスさせてください。会社の人、すなわちそれを実際に制作している人はあなたに一度も会った事がないという事です。どんなお顔立ちの人だとか、どんな雰囲気の人だとか?です。そして送られてきた物を歯科医はその場で微調整や修正する事はできません。ただ装着するだけです。

ブラケットを使用した矯正治療以上の事を期待されるのは無理があると思います。
  • KENT(35歳 男性 自営業 )
  • 2017年12月27日14時10分
アドバイスありがとうございます。

何年も前から矯正歯科をまわり、様々な方法のメリットデメリットも考慮し、歯科医が修正することができないことのは重々承知の上で決めましたが、歯科医院とアライン社のやり取りなど、患者側からは見えない部分が不安になり相談させていただいた次第です。

不安も大きく、ブラケットを使用した矯正治療以上のことを期待していると受け止められてしまう文章になっていましたら申し訳ありません。。

>すなわちそれを実際に制作している人はあなたに一度も会った事がないという事です。どんなお顔立ちの人だとか、どんな雰囲気の人だとか?です。
確かにそうですね。
色々な矯正について素人なりに調べてきたつもりでしたが、それがデメリットでもあると先生のアドバイスで感じました。

私は質問通りすでに契約をしてしまっているので、インビザラインでの矯正を行うことになりますが、先生のご意見も考慮して契約すべきだったと思います。アドバイスありがとうございました!
私もすでに契約されている事、多くの歯科医院を検討した結果である事は文面からわかっていました。それでもこれだけは知っておいてほしいと思い記載してしまいました。ご存じだったと思います。すみませんでした。指示通り装置を装着してください。担当された矯正歯科医はKENT様の治療は可能であると判断されているはずです。

治療がんばってください。成功する事を祈っています。
  • KENT(35歳 男性 自営業 )
  • 2017年12月27日16時03分
いえいえ、とんでもないです。
私もですが矯正を迷ってる人は費用や治療に伴う痛み等はもちろん、矯正期間の審美的な面も気にして躊躇してしまうのもあると思います。
また、決断した後はついつい経過よりも最終的な結果に心が踊ってしまい、先生方が懸念されている細かい調整や治療を見失いがちになる気がします。

歯科に限らず、ついつい我々患者は、具合が悪い時にだけ医者にかかることが多いので、どうしても患者としての立場を尊重しすぎて、先生方に無理を言ってしまうこともあると思います。

本来お互いに気持ちよく最善の方法を尽くせるのが医療だと思いますし、それは医師の説明だけではなく患者がどれだけその治療に対して理解しようとするかにもよりますよね。

先生のアドバイスで、歯の治療だけではなく、どんな医療においてもメリット・デメリット、お互いを尊重する気持ちが大切だと改めて感じました。

だいぶ脱線してしまいましたが・・・笑
アドバイスいただき感謝しています。ありがとうございました!
大変すばらしいご意見ありがとうございます。私もまったく同感です。残念なことに歯科用語は平易な言葉がありません。さらに矯正治療はアメリカのようにすでに自分の親世代の方が経験のあるような環境にはありません。従って矯正に関して正しいアドバイスを得る事も難しいのが現実です。きっと治療は成功します。装着時間が治療を左右すると思います。頑張ってください。
  • KENT(35歳 男性 自営業 )
  • 2017年12月27日17時23分
先生がおっしゃるように確かに私たちの親世代(10代20代の方とは別ですが・・・)となると矯正をしていた親がいたような記憶が無いですね。

私も20数年間歯並びに悩んできましたし、5〜6年程前にも矯正歯科をまわってアドバイスを受けました。
今回決断するまでの間に医療技術も進歩しており、以前は不可能だと言われたこともできるようになっていたりと矯正の分野の技術進歩もすごいんだなと感じ、今回の決断に至りました。
ですが、先生の仰る通り、最終的には人が行う治療というのが念頭にあったかと言えばなかった気がします・・・。

矯正歯科選びのひとつに「症例数が多い」もあるかと思いますが、症例数が多い=しっかりしているとは別だったな、とも感じています。
もちろん症例数も多く、ひとりひとりの患者さんと向き合ってくれる歯科医院もあるとは思いますが、中には患者さんの数を多く回してるだけのところもあるでしょうし。

今回は「アライン社がシミュレーションを作ってくれるからどこでやっても一緒。」のようなことも受付で言われましたし、その場で疑問に思ったのに、今までの悩みから早く開放されたいという思いもあり、即決に近い形で決めてしまいました。

これから治療に入るわけですが、アドバイスを求められた際には矯正される方には治療方法も大事だけど、やはり歯医者さん選びが大切だよということを強くアピールしていきたいと思います。

諸先生方もたくさんの患者さんのワガママを受け止めるのも大変かと思いますが、先生方に感謝の気持ちを持っている患者もたくさんいるので、どうかこれからも私達のために頑張っていただけると幸いです。

長く読みづらい文章にも丁寧にアドバイスいただき本当にありがとうございました!治療頑張ります!
こんにちはll

相談内容を読ませていただきました。
 インビザラインにかかわらず治療後の歯列に関して精密検査後の説明で説明されていると思われますが、されてませんでしょうか?あくまでも、治療計画は矯正医が立てます。患者の希望も聞きそれを最終歯列に反映させます(治療限界があり全ての希望が反映されるわけではありません。)
そういうことを踏まえて、治療計画が決まります。また必要であれば治療後の予想模型なども作製し説明することがあります。
また、シュミレーションが終わった後でも変更は可能だと思います。

  • KENT(35歳 男性 自営業 )
  • 2017年12月28日14時01分
ご回答ありがとうございます!
私もそういった流れだと思っていたのですが、精密検査の後に先生と会うことはなく、そのまま受付で「次回いついつで装着します」と言われてしまい、「えぇ!?こういうものなの?」と不安になった次第です。
これまでにカウンセリングは受けてきましたが、精密検査後の流れは初めてで不安しかありませんでした。。

こちらでのアドバイスを受け、電話でシミュレーション後に相談したい!と伝えてありますが、年末を挟んでしまい歯科医院も休みで、不安なままの年越しとなりそうです(汗)



相談を投稿する