のんさんの相談

カテゴリ:

先天性欠損

  • 投稿者 のん さん [15才 男性 会社員] 2018/02/07/ 12:31
  • カテゴリー 治療前
  • お悩みの歯 上あご左2番

はじめましてよろしくお願いします。息子が先天性欠損で、左上顎1本と左下顎1本少なく、また、下顎が少し出ているような感じなので矯正を考えております。この場合、隙間を埋めるために、差し歯とか必用になってくるのでしょうか。他にどんな治療方があるのか、よろしくお願いします。

読ませていただきました。

なるべく差し歯など人工的な物を入れないように考えて治療を組み立てます。人工的な物は必ず何年かすると作り直しになります。先天欠如の部位を歯の移動によってなくすような事をします。これができるとすべてがご自身の歯で過ごせます。もちろん不可能な場合もありますがなるべくそうなように矯正歯科医は努力します。

まずは矯正歯科専門歯科医院へご相談に行かれる事くをお勧めします。

治療が成功する事を祈っています。
どの様な治療法が最適か、心配ですよね。
初めまして、辻田と申します。

どの歯が先天性欠如なのか、他の歯はどの様になっているのか、全く分からない状態なので、何とも申し上げられませんが、基本的には隙間は埋めようとしますし、出来れば差し歯はしないようにしたいと考えます。

歯科医により、色んな考えがあると思います。色んな意見を聞いてみてください。最初が肝心です。
お問い合わせありがとうございます。
先天性欠如でスペースがある場合ですがもし他の部分の歯列が混み合っているようであれば矯正することによってスペースが埋まり差し歯などをする必要がなくなるかもしれませんが、通常歯列が混み合ってる場合左右第一小臼歯(前から4番目の歯)を1本ずつ抜いて矯正することが多いのでその場合はもともとない歯と別に歯を抜く必要があるかもしれません。
もし歯列の状態が良くて1本分のスペースだけを埋めるのであれば矯正ではなくインプラントもしくは左右の歯を削ってブリッジと呼ばれる治療にされるかですが、口の中を拝見しないと正確なことがお伝えできないので、一度来院していただくことをお勧めします。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除