かなさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

治療方法について。

  • 投稿者 かな さん [20才 女性 学生] 2018/06/12/ 00:55
  • カテゴリー 成人矯正 装置・治療法 治療前
  • お悩みの歯 上あご右2番 上あご右3番 上あご右8番 上あご左2番 上あご左3番 上あご左8番 下あご右1番 下あご右2番 下あご右3番 下あご右8番 下あご左1番 下あご左2番 下あご左3番 下あご左8番

こんにちは。2つの矯正専門歯科に行き、治療方針が全く異なっていて悩んでいます。来年から就活が始まるので、裏側矯正を希望しています。

○歯の状態
・強いデコボコ
・上右犬歯が埋伏歯
・親知らず4本が埋伏歯
・上左右2番がねじれ。
・下左3番が外にはみ出し。
・イーラインは綺麗

ゞ裟技科
・抜歯8本(上下左右4番、親知らず4本)
・上右犬歯、詳細なレントゲンを撮った結果動きそうな為、牽引する。

矯正歯科
・抜歯2本(上左4番、下右2番)
・上右犬歯をいじると、他の歯を動かなくさせる可能性がある為、そのまま。(しかし、上右2番の動きが悪いと犬歯抜歯の可能性と契約書に書いてありました。)
・下の歯は、2本抜くと後ろに下がりすぎてしまう為、下の歯の抜歯は1本。しかし、正中は一本ずつずれる。

犬歯の治療方法が反対でどうしたらいいか分かりません。また、下の歯の左右の本数が異なり正中が合わないことで、口元の歪みや噛み合わせに問題が出ることはありますか?2本抜くと後ろに下がりすぎるとのことでしたが、後ろに下げずに綺麗に並べることはできませんか?
また、笑うと口角の上がり方が違います。犬歯が埋まってる方が上がりにくい状態です。埋まっている犬歯を抜くことで、口元の歪みは改善されるのでしょうか。質問だらけで申し訳ありません。何を基準に判断したらいいかわからず、悩んでいます。よろしくお願いします。

読ませていただきました。

まず最初に残念ですが、お顔のひずみは治らないと思います。口角についても治らないと思います。原因が骨、筋肉であれば治療による変化は限局されたものになります。

症状からして抜歯が必要なのは同じです。抜かなければ改善できません。

両者の違いは下顎の前歯です。こういった事だと思います。

上顎の歯を排列するのに多くの場所が必要です。下の歯に比べて上の歯のでこぼこの量が多い場合は抜歯してできた空隙はそのデコボコを解消するのに使用されます。ところが下の歯のでこぼこがそれほどでもなければ2歯抜いてしまうと抜いた場所があまってしまいます。そうすると下の前歯が内側に傾斜してしまいます。下顎前歯が後ろに下がれば相対的には出っ歯になってしまいます。

裏側からの矯正治療の経験がどれほどあるか?という事も問題です。ほとんどの矯正治療を裏側からおこなっている先生か?たまに行うぐらいの程度では抜歯して矯正治療するのは難しいかもしれません。こういった場合は先生の技量が問題にもなります。裏側の治療経験がわかるとよいのですが、それを判断するのは患者様にはむずかしいかもしれません。

私は1000症例以上は裏側から治療しています。経験も30年以上あります。私の治療経験からの感触では、後者の下顎前歯1歯のみ抜歯の先生に賛同するかもしれません。裏側矯正は下の前歯の後方への傾斜が起きやすいです。これは裏側に装置がつくためです。表側に比べて明らかに起きやすい。従って下だけは表側につけさせてほしいと言う先生が多いのもこのためです。下の前歯のコントロールは難しいです。

上記を考慮すると私は下の歯を1歯抜くと言った先生に賛成です。また埋伏している犬歯についてはCTなどで精査しないと引っ張りだせるか?判断ができないです。

下の歯の1歯だけ抜歯は最後にかみ合わせを整える事が難しいです。ご指摘のように歯の数が上下で違います。しかし、これが問題になるという経験はありません。ほとんどの抜歯症例は小臼歯を同じ数だけ抜きます。その次に多いのは下顎前歯1歯抜歯というものです。おこなわない事ではありません。

直接拝見していないので推測の域を超えません。参考になれば幸いです。治療が成功する事を祈っています。


  • かな(20歳 女性 学生 )
  • 2018年06月12日13時55分
丁寧、迅速な対応ありがとうございます。
正直、下の歯2本抜く必要あるのかな?と疑問に思っていた為、下顎の歯については納得できました。
先生についてですが、どちらも舌側矯正認定医の先生で、裏側矯正を得意にしている先生です。

犬歯についてですが、
〇科では一般歯科でCTを撮ってきてと言われ、紹介状を頂いて撮ってきました。撮ったもの(犬歯の部分に焦点を当てた感じのもの)を見て頂いたら、動きそうです!とのことでした。
∋科では、犬歯が入る場所がないので、4番を抜いて牽引した時に出てこなかった時のリスクが大きすぎるため牽引しない。∋科には3Dのレントゲンがあり、それを見て判断した結果、抜くと他の歯を傷つける可能性がある為、抜歯もしない。そのままにする、とのことでした。

矯正歯科によってこんなにも治療方法が異なることに非常に驚きました。犬歯についての意見も伺いたいです。よろしくお願いします。
ご返信ありがとうございました。役に立てればうれしいです。お二人の先生ともに技能的には問題はなさそうですね。

埋伏している犬歯についてですが、
2人の先生ともに妥当な意見です。問題は画像所見の判断によります。犬歯は一般的には歯根が長く、形態が左右で1歯ずつしかありません。価値の高い歯です。そのため犬歯が牽引して出してこれればその後ろの第一小臼歯を抜歯して排列します。,寮萓犬CT画像では骨性癒着(こつせいゆちゃく、アンキローシス)もなく牽引可能。△寮萓犬僚蠍では位置が悪く周囲の歯を傷つけるおそれがあるというものです。この両名の先生の判断はそれぞれは正しいです。問題は画像診断です。この違いです。△寮萓犬裡Dのレントゲンと言うのはCTですか?この場合はCT画像が必要です。この画像所見の違いです。どちらがよいか?は画像を見ない限りなんとも言えません。
イーラインが良いのでしたら、まずは親知らずのみの抜歯をお勧めします。理由は、埋伏犬歯が出てこない可能性があるため、小臼歯を先に抜くと困ることがあるためです。また、非対称な抜歯は左右差が当然でますから口角のあがり方が違うならばなおさら慎重にいくべきです。最近ではアンカースクリューを利用すればデコボコが大きくても奥歯を後ろに移動することで並べることもできます。なぜならば歯の重なりは歯の頭の部分だけで根っこは離れているから後ろへと起こせば並ぶからです。まずは親知らずだけ抜いての治療をしてみてからどれを抜く必要があるかまた、抜かずにすむかを考えてもらって下さい。



相談を投稿する