ここのさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

24歳先天性欠如矯正

  • 投稿者 ここの さん [24才 女性 その他] 2018/09/29/ 15:52
  • カテゴリー 成人矯正 装置・治療法 治療前
  • お悩みの歯 上あご右2番 上あご左2番 下あご右1番 下あご右2番 下あご右8番 下あご左1番 下あご左2番 下あご左8番

24歳女で先天性欠如(上下2本ずつ)があります。
下5番 上5番です。
幼少期矯正治療をしていましたが、嫌になり中学生頃途中で辞めてしまいました。
大人になり上下数本歯の向きが少し違い、並びが悪いことが気になっています。
下の奥歯は斜めに生え、隣の歯に引っかかり全部顔を出せずにいます。
他の歯は綺麗に並んでいます。
そこで歯科矯正をしたいのですが、先天性欠如があるため、歯を動かすと抜けてしまう可能性があります。
先天性欠如の歯を抜き、スペースを作って矯正することも考えたのですが、歯科衛生士の母からは歯を抜くことを反対されています。

将来的に歯が抜けたら歯科矯正をするか、今歯を抜き矯正をするか、何か他に方法があればどれを選択するべきか相談させていただきたいです。

御相談内容拝見いたしました。

記載されておられる内容を整理させてください。
抜歯を検討なされていられる歯は先天欠如している部位に残存している乳歯のことでしょうか?

乳歯であるのでしたら、いずれ抜けてしまうことも考えられます。
もしかなり長く抜けなかった場合に
矯正治療を行うには年齢が高すぎる場合はインプラントやブリッジ、入れ歯になる可能性もあります。

一度、矯正治療専門の歯科医院でお母様とご一緒にカウンセリングを受けられた方がよろしいのではと思います。
読ませていただきました。

先天欠如歯のところに先行している乳臼歯が残っているという事でしょうか?

そうでしたら矯正治療をお勧めします。乳歯の歯根が吸収しているという事ですね。その歯が抜けてしまう可能性についての記載ですね。

乳歯が一生使用できればお母さまの言われる通りです。しかし、記載内容から乳歯はすでに歯根が吸収ていると言ったことで抜けてしまうと言うのなら乳歯を抜歯して歯を移動させて抜いた場所をなくしてしまう事をお勧めします。そうすれば将来インプラントやブリッジなどの人工物を入れて隙間を補う必要はなくなります。

人工物は一生涯にわたって何度か作り直しになります。矯正専門歯科医院へ相談に行かれる事をお勧めします。お母さまが衛生士であれば理解してくださると思います。まずは相談に行かれてください。

治療が成功する事を祈っています。
さいたま市のSilver Lace矯正歯科と申します。

文面からお察ししますと、上下顎左右側5番の永久歯が全て先天欠如していて、その場所には乳歯であるEが晩期残存している状態かと思われます。

もともと乳歯は生えかわることが前提の歯ですので、永久歯ほど長持ちしません。これは生えかわるはずの永久歯が先天的に欠如してしまっている場合も同じです。

また、仮に下の奥歯がその乳歯に引っかかっているとすると、乳歯の歯根を吸収してしまっている可能性もあり、まずは乳歯の現状をチェックして、今後も使っていけるものなのかどうか判断する必要があると思います。

残っている乳歯が健康な状態で他に大きな問題がなければ、乳歯は動かさず、それ以外の歯を動かすという方法で歯科矯正することも可能です。

いずれにしろお口の中の様子がよくわかりませんので、詳しいことは矯正歯科専門の医院で矯正相談なりカウンセリングなりを受けてみると良いと思います。ご検討下さい。



相談を投稿する