ナツさん(大阪府)の相談

カテゴリ:費用と保険について

10歳の娘の矯正を考えています。
小学生から歯科医にお世話になるようになり、その時からずっと同じA歯科に通ってきました。
A歯科から娘の受け口の事は言われていたのですが、この夏になって矯正を始めるよう奨められました。
また、B歯科では保険が適用されたという情報を聞き、B歯科で診察を受けた結果、B歯科の医師は矯正するとなると、娘の場合は保険が適用しないと仰いました。
理由は、娘の年齢だともう顎が成長してしまっているから、『もっと早ければ・・・』、とのことでした。
私は『ここを紹介してくれた方の息子さんは小学一年だから、保険がきくのですか』と問うと、『そうですね』と返答がありました。

A歯科では、顎の手術をする、ということなら保険が適用されるが、娘はそうではないので自己負担になる、と仰っていましたし、顎の成長は中学生〜高校生くらいまで続くと聞きました。
娘の顎はまだ成長途中だから、今すぐ矯正を始めたら、歯を抜かずに済むなどの利点があるとのことでした。
もっと早く矯正を始めていたら保険が適用されて良かったとお話したら、A歯科では『永久歯が生えてきて、歯並びの具合を確かめてから矯正が必要かの判断をしましょう』と仰っていましたが、今すぐ矯正を始めていなかった事を悔やむような気がしてなりません。

保険が適用されるか否かは、年齢や顎の成長具合で決まるのでしょうか。
歯科医院によって、診断の違いなどはあるのでしょうか?
なるべく、たくさんの専門の方にお聞きしたくて、こちらにも投稿させていただきました。
御回答宜しくお願いします。

※一部内容を割愛・修正しました。(運営部)

こんにちは、ナツさん。
矯正治療に対して保険が適応されるかどうかは、年齢ではありません。手術が必要かどうかと、厚労省が認めた疾患があるかです。矯正治療を早期に開始するメリットとして歯を抜くことを回避できたり、手術を回避できたりすることがかんがえられますが、異常なまでの成長の不調和などあれば、やはり抜歯、手術が必要な可能性もあります。早くから一度専門医に受診されることをお勧めします。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除