こうさんの相談

カテゴリ:抜歯について

抜歯箇所について

上顎左右2番がうしろに下がっており矯正を決めました。
先日、精密検査の結果を聞き抜歯が必要と言われました。
抜歯については納得しましたが、上顎抜歯箇所に納得がいきません。
上顎左右5番が治療済みで銀歯の状態ですが、健康な左右4番を抜歯すると言われました。
5番の抜歯を希望しましたが、
「5番は治療済みでも残しておいた方がいい」と言われてしまい、その時は納得しましたが・・・
治療済みの5番を残し、健康な4番を抜歯する事はよくある治療
なのでしょうか。

こう 様

私なら五番(第二小臼歯)を抜くかもしれません。

以下のような事が考えられます。

五番目の歯ですが、治療済みですがそれほど状態が悪くない場合です。例えば神経(歯髄:しずい)を取っていない程度の治療だった場合、歯としてはだめになると言う事はありません。軽い虫歯での治療だったと言う事です。

四番目(第一小臼歯)を抜歯を選択する理由は、その手前の前歯を排列するのに有利だからです。場所がすごく不足している場合はやはり四番目の選択になります。五番目を抜歯すると一歩下がった位置にあるため四番目を後方へ移動した後に三番目(犬歯)を後方移動しなければなりません。そして二番目の歯の治療にたどり着くといった感じになります。五番目の歯の後ろには第一大臼歯、第二大臼歯があります。さらにその後ろには第三大臼歯が埋まっているかもしれません。となると四番目を移動する時に六番目の第一大臼歯、七番目の第二大臼歯から引くことになり、第一大臼歯、第二大臼歯も前に移動してしまう事が考えられます。五番目を抜いた場所を後方の大臼歯が前方に移動してきたのでは前歯を並べるのに必要な場所が減ってしまいます。その点、四番目の第一小臼歯を抜くと後方には第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯の三歯があり、そこから犬歯を牽引できるので抜いた場所をより有効に使えます。

その他にもかみ合わせや歯の大きさの違いも考えられます。四番目の第一小臼歯の方が第二小臼歯よりも幅が大きい場合は四番目を抜いた方が多くの場所を確保できて有利です。

上記の事がなければ私は五番目第二小臼歯を抜くというこう様の意見に賛成です。もう一度話し合ってみるか、セカンドオピニオンをお聞きに他の矯正専門歯科医院へ行かれるのもよいと思います。

納得されてから治療に踏み切ってください。心に何かあるときは立ち止まるのも一つです。治療がうまくいく事を祈っています。長文になりすみませんでした。簡潔に書けるとよかったのですが我慢して読んでみてください。わからない事がありましたら再度聞いてください。
  • こう(26歳 女性 会社員 )
  • 2016年03月11日10時59分
詳しく説明いただき感謝いたします。

もう一度4番抜歯理由を聞き、話し合いたいと思います。
納得してから治療できるよう、セカンドオピニオンも視野にいれ
進めたいと思います。
ありがとうございました。
こうさん

こんにちは。
『治療済みの5番を残し、健康な4番を抜歯する事はよくある治療
なのでしょうか。』
とのご相談ですが結論から申し上げて、そういう選択もあります。

こうさんのお気持ちも良く解りますし、健康な歯を抜歯して治療済みの歯を残すことに疑問や不安があることは当然だと思います。
私たちもなるべく抜歯はしたくはありませんし、抜歯の部位は正直悩みます。
しかし専門的な見解から、どうしてもこの歯を抜歯しなくては治療が困難になる、きちんとした噛み合わせが確立できない、奥歯の噛み合わせが悪くなると判断した場合は、こういう選択をする事があります。抜歯の部位については、精密検査をして、こういう診断でこういう理由だから、この部位を抜歯するということになるので、納得できなければ担当医師にもう一度尋ねてみられてはいかがでしょうか。
どうしても納得できない場合は、上顎左右5番を抜歯した場合の治療計画を再度立てて頂き、治療のメカニクス 流れ、メリット 、デメリットを伺うのも良いと思います。
矯正治療は長期にわたりますし、信頼関係を築き、納得した上で治療なさることが最も大切だと思いますので、臆することなく担当医師へ想いを伝えてみて下さい。

こうさんが矯正治療をして、綺麗な歯並びで安定したかみ合わせになれることを願っています!頑張ってくださいね。
御相談拝見致しました。
何らかの理由があるのかもしれませんが、このような状況であれば5番を抜くというのも選択肢としてはあると思います。
可能であれば主治医に4番と5番の抜く場合の違いをお伺いして納得された上で進められた方が良いと思います。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除