ありささんの相談

カテゴリ:抜歯について

歯列矯正について

歯並びが悪く矯正をするために歯科医に相談しにいったところ、抜歯せずにディスキングし、ハイブリッド矯正することをおすすめされました。私は抜歯をしても構わないのですが母は抜歯はなるたけ避けたいという方針のため、その矯正を行うことになりそうです。

そこで心配になったことが二つあります。
まず一つ目ですが、抜歯をしないとなると口元がでてしまうのではないでしょうか?今でもモッコリとした口元で鼻も低く壊滅的な横顔をしているのでできればこれ以上口元が出るのは避けたいです。
二つ目はガミースマイルです。私は軽度のガミースマイルで少し微笑む程度だとそんなに歯茎が出ることはないのですが、大きな口で笑うとやはり歯茎が目立ちます。抜歯をしないとガミースマイルがひどくなるリスクがあると聞いてとても心配になりました。

口元のでっぱり解消、ガミースマイルの軽減、どちらも考慮した歯列矯正はありますでしょうか。
歯がコンプレックスで笑うのが苦手なので思いっきりきれいな口元で笑えるようになりたいです…。
矯正は大学生になってから始めようと思っています。

どうぞ御心添えお願い致します。

読ませて頂きました。

もしお母様が抜く事を反対しなければその矯正歯科医は抜歯を選択したのでしょうか?

口もとを下げたいと言う事になるとデイスキングでは難しいと思います。やはり抜歯した方が口もとは下がります。

ガミースマイルに関しては色々他にも原因があることがあるので必ず抜けば治るという事ではありません。

治療が成功する事を祈っています。
いろいろとお悩みなことだと思います。

矯正担当医の立場から言わせていただくとご父兄が
抜歯をしたくないと言っているにもかかわらず
説得して抜歯したうえで矯正治療するというのはお話しを
すすめにくいものです。

ご指摘のように歯を抜かないで矯正治療をしますと
歯列の拡大をしても出っ歯の感じやガミースマイルが
治らないということが起きかねませんので
大学生になられてからもう一度ご検討されるのがいいのでは
ないかと思われます。

筆者も苦労した経験があります。抜歯をして矯正治療を勧めましたがどうしても歯をぬきたくないという患者さんがおられやむなくそのとおりし、1年11か月でようやく次回はずしますという話になりました。

するとお母さんがふたたび来院されやっぱり口元がでていてこまるので抜歯してやってほしいといわれ再度治療するようなはめになった苦い経験が20年ぐらい前にありました。(患者さんはつい2〜3年前にも引っ越すので健診とこられ関係は良好なのですが)
患者さんの考えている治療目標と術者の思い描くものとがちがうこともありよくご検討されますことをおススメしたいと思います。




相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除