はるさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

ディスキングについて

非抜歯で矯正が終わりましたが、口元が前に出た感じと前歯の傾斜が気になります。
しっかり内側に向いていないです。
再矯正する程ではないかと思い、再度ワイヤーをつけてのディスキングを考えています。
ディスキングで前歯の傾斜を軽減できるのか、またディスキングという方法自体がどうなのか悩んでいます。
ご意見をお聞かせ下さい。

歯をエナメル質の範囲内で削って歯冠を小さくしてその隙間を利用して歯を内側に入れます。先日、このコーナーにあった質問に歯の形態が変わって気に入らないという物がありました。たくさんは削れませんがそういった事が起きる可能性はあります。どちらにしてもエナメル質の範囲ないなのでわずかな変化だと思っていてください。

はる様がどうなりたいか?をしっかり担当医に説明してください。希望量に達しなければ、やはり抜歯をお考えください。担当医と患者様との希望に隔たりがあると不幸な結果に終わります。

治療が成功する事を祈っています。
御相談内容拝見いたしました。

残念ながらディスキングで前歯の傾斜が目に見えて改善したと感じる変化は得られないと思います。
特に非抜歯での治療後でしたら、治療前より前歯の傾斜はついてしまっているのではないかと推察いたします。

再矯正するのでしたら安易に行ってもあまり変わりませんので、しっかりと考えて確実に変化がでる治療をなされたほうが良いと思います。
ご相談ありがとうございます。
ディスキングにつてのご質問ですね。
 ディスキングという方法は歯のエナメル質の部分だけをバーや器具を用いてほんの少し削ることで歯と歯の間にスペースを作り歯を移動させる方法です。今回ご相談されている内容でディスキングの意味は良いと思います。
 ただし、本当にディスキングで治癒できる症状なのかは主治医と良くご相談されてから行うのが良いと考えます。
 また、ディスキングを行った場所はむし歯の感受性が高くなっていますのでむし歯への予防処置も行って下さい。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除