歯列矯正 抜歯について(大分県 34歳 女性 無職のQ &A)

カテゴリ:歯列矯正 抜歯について

私は八重歯で、抜歯の必要があると言われました。抜歯にあたり、抜いてはいけない歯というのがあるのでしょうか?
私は八重歯(乱杭歯)で、抜歯の必要があると言われたのですが、抜歯にあたり、抜いてはいけない歯というのがあるのでしょうか?
最初に相談した先生は、「前から6番目の歯は重要なので、抜けないかもしれない」と言っていました。
また、別の先生には、「中に入り込んでいて噛み合ってないので、抜歯するなら6番目かな、詳しく検査をしてみないとはっきり言えませんが。」と言われました。
私は、できれば銀歯のある6番目を抜歯してもらいたいと考えています。なるべく残さなければならない歯があるのであれば教えて下さい。

[大分県 34歳 女性 無職]

歯列矯正 抜歯について

御質問の件ですが、八重歯を矯正治療する場合、通常、前から数えて4番目の歯を抜くことが多いと思います。状況によっては5番目の歯を抜くこともあります。6番目の歯を抜かなければならない状況としては、根っこの部分に治すことが困難な炎症があったり、虫歯でその歯を残すことが難しい時に6番目の歯を抜くこともあります。ただし、6番目の歯を抜くと、奥歯が1本足りなくなりますので、通常抜歯することが多い親知らず(8番目の歯)が必要になると思われます。
親知らずに比べ、6番目の歯は、根っこがしっかりしているので、残せるようであれば、残した方がよいのではないかと思います。いずれにしましても、わからない点は担当の先生によく御相談されてください。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です