成人矯正 治療の開始時期(東京都 35歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:成人矯正 治療の開始時期

前歯にばい菌がはいって自然に神経が死んでいます(10年前から)親知らずが斜めに生えて少し虫歯になっています(現状では治療不可)上の出っ歯と下の乱杭はを矯正しようと思いますが、前歯の耐久期間と親知らずの抜歯が必要なのか気になります。
前歯にばい菌がはいって自然に神経が死んでいます(10年前から)親知らずが斜めに生えて少し虫歯になっています(現状では治療不可)上の出っ歯と下の乱杭はを矯正しようと思いますが、前歯の耐久期間と親知らずの抜歯が必要なのか気になります。

[東京都 35歳 男性 会社員]

成人矯正 治療の開始時期

『前歯にばい菌がはいって自然に神経が死んで』いる状態を歯髄壊死といいます。
はじめにこの神経治療がなされるべきですが、これは保険の治療範囲ですので、保険で治して下さい。
 
『親知らずが斜めに生えて少し虫歯になっています(現状では治療不可)』については『抜歯が必要なのか』どうかはレントゲンを見ないと何とも言えません。一般的には抜歯してから矯正治療となるケースがほとんどです。理由は斜めに萌えている事自体がすでに萌えるスペースが足りないという事の証明であるからです。つまり、奥歯の乱杭歯状態なわけです。

『前歯の耐久期間』は『神経が死んで』いるからと言って、大きく短命になる訳ではありません。どちらかと言えば『ばい菌がはいっ』た原因であるむし歯の穴のほうが心配です。すでに中が腐っていたらその場で抜歯という事もあるでしょうし、そうでなければ20年だって持ちます。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です