成人矯正 その他(東京都 34歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:成人矯正 その他

歯科医にて小臼歯の歯根が短い、全体的に水平性歯槽骨吸収があると診断されています。矯正するにあたり、注意すべき点、または考えれる危険因子については何がありますでしょうか。(たとえば矯正終了時に歯が抜けてしまうなど)
歯科医にて小臼歯の歯根が短い、全体的に水平性歯槽骨吸収があると診断されています。矯正するにあたり、注意すべき点、または考えれる危険因子については何がありますでしょうか。(たとえば矯正終了時に歯が抜けてしまうなど)

[東京都 34歳 女性 主婦]

成人矯正 その他

歯根が短いということは生まれつきでしたら変えることはできないです。もしもかみ合わせなどの原因で起こっているのでしたら、早くバランスのとれた噛み合わせにしなくてはなりません。
骨吸収ですが、どんな人でも34歳ですと、20歳の頃に比べるとある程度の水平性骨吸収はあります。
それが生理的(年齢的)な範囲内であれば問題ないと思われます。
もしもその範囲外でありましたら、歯周病の治療を行われて歯茎の状態を正常の状態にもどしてから治療を行ったほうがよいです。
矯正治療後に歯の動揺が大きくなって抜けてしまうということを防止できます。
どちらにしても矯正治療を行うと装置が口の中に付くと歯磨きがしにくくなるので虫歯や歯周病になりやすくなりますので食後の清掃はしっかりと行ってください。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です