(東京都 会社員のQ &A)

カテゴリ:

乳歯の時より受け口で心配していましたが、上の歯の真中の2本はなんとか前にでましたが、その横の歯が2本共に下顎より内側の方にはえてきている途中で矯正を迷っています。
8才の娘の矯正を迷っています。
乳歯の時より受け口で心配してまいしたが、上の歯の真中の2本はなんとか前にでましたが、その横の歯が2本共に下顎より内側の方にはえてきている途中です。今、受診している歯科では二つの方法があると言われています。
ひとつは、取り外しの出来る器具でそちらの方が金額的にも半分くらいでいけるようですが、顎をだすだけで、歯列は別のようです。
もうひとつは、顎を出す取り付けたままの矯正の後に歯列をすると言う方法です。
取り外しのできる器具の法は、早くつけたほうがいいらしく、迷ってます。
矯正を小学生の間にすると元に戻るということも聞いたことがあるので、どうすればいいか悩んでいます。
それと、矯正をすると言葉が発しにくくなったり、と言うことはないのかも気になります。

[東京都 会社員]

お話しを伺った中では、おそらく上顎の劣成長と前歯の横の歯の反対咬合だと思います。
上顎は成長を促進させたり抑制する事が比較的しやすく、よくおこなわれます。
上顎が劣成長であるならば成長期の今、成長の促進をさせた方が良いと思います。
又、前歯の横の歯の反対咬合も上顎の成長をおさえる原因になりますから前に出した方がより良いでしょう。
この時期に治療し元に戻るというのは周りの歯が生えてくる事で影響を受けるという事だと思いますが、この場合は成長発育の問題ですから関係無いと思います。又、発音は取り外しの出来る装置はおそらく夜、寝ている時だけでしょうし前歯に着ける装置も、ひどく発音に影響する事はありません。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です