(東京都 34歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:

下顎がずれている場合と、下顎が小さく歯が重なってはえている場合の治療期間は?
五年生の女の子ですが 下あごが少し右にずれているといわれました。中心でみると1.5ミリずれています。前にも少しでていますが上の歯よりは中にあります。歯も小さいといわれました。
二年生の弟もまだ上の歯は乳歯ですが 下の歯より前には出ていません。上下がそろっています。それに下の歯はあごが小さく重なって生えています。
矯正が必要ですか?どういう治療になるのですか?期間は?ほうっておくとどうなりますか?

[東京都 34歳 女性 主婦]

お姉さんの治療は五年生という事もあり、通常の矯正装置を使用になると思います。
下顎が右にずれているというのは、噛み合わせ上、ずらして噛んでいる場合は、顔の非対称を生む原因になるので早めの対応が必要です。
期間は一般的には1年半〜2年位ではないでしょうか?
下の弟さんは、いわゆる顎の大きさと永久歯の大きさの不一致ですが、自然には、これから歯が並ぶところの大きさは、そんなには大きくなりません。
可能であれば、少し顎をひろげ、永久歯がおさまる様にする事があります。この場合、取り外しの装置を使用する事でも、通常は6ヶ月〜1年位です。
しかし、永久歯で全体をきれいな状態にするには、矯正装置を全体に付け、治療する必要が出てきます。
放置した場合には、いわゆる乱杭歯になると思います。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です