(熊本県 44歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:

9歳の男の子の永久歯の先天性欠如なので、歯科の先生に相談したら、そのままだと前後の歯がずれてくるので、矯正により隙間を確保し、将来は新しい歯を入れた方がいいとおっしゃいます。
9歳の男の子の永久歯の先天性欠如の件でご相談します。以前から上の第2小臼歯が左右とも(永久歯が)ないと歯科で言われていたのですが、その部分の乳歯が抜けて今後どうすべきかご相談しました。歯科の先生はそのままだと前後の歯がずれてくるので、矯正により隙間を確保し、将来は新しい歯を入れた方がいいとおっしゃいます。家族は全員顎の大きさに対して歯が大きく、私(母)は第2大臼歯が出てくる場所が狭く斜めに生えていたため20年以上前に抜いています。息子も同じく顎の小さいタイプです。私の考えでは、ただでさえ狭い口に人口の歯をわざわざ入れるのではなく可能なことであれば、矯正で第2小臼歯の隙間にその奥の第1大臼歯を出して、第2大臼歯まで全部自分の歯を生かせるように出来ればと思っております。先生にこの事をお話したところ、「それは浅はかな考え。かみ合わせる下の歯と歯の大きさが違う」との答えでした。費用の面も気になりますし、何よりこれから一生奥歯に人工の歯を使うということに不安があります。矯正で奥歯を前に移動させるという方法はそれほど考えられないことなのでしょうか。

[熊本県 44歳 女性 主婦]

息子さんのように第二小臼歯が先天欠如の場合、そのスペースを利用して矯正する場合があります。矯正で奥の歯を前方に移動することはできますが、上下の歯のかみ合わせの状態や、実際の顎と歯の大きさの不調和程度によって治療が困難になったり、時間がかかる場合があります。
一度、矯正専門医にご相談なさってはいかがでしょうか。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です