(埼玉県 28歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:

3歳の娘ですが、顎が小さく、そう生と歯科検診で言われました。矯正は、乳歯の時期に始めるのが良いのか、それとももう少し大きくなってから始めた方が良いのでしょうか?
3歳の娘ですが、顎が小さく、そう生と歯科検診で言われました。
私も顎が小さく、歯並びが悪かったので12歳の時に4本抜歯して矯正をしました。
矯正は、乳歯の時期に始めるのが良いのか、それとももう少し大きくなってから始めた方が良いのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

[埼玉県 28歳 女性 主婦]

この場合、実際にお口の中を見ないと、はっきりした事はわかりませんし、また、先生によって考え方が違ったりもしますので、一概に、こうとは言えませんが、最近では、混合歯列期(すべての歯が大人の歯になっていない時期)からの矯正治療をスムーズに行うために、治療期間を第一期と第二期とに分けて、第一期では早くに解決すべき問題の改善を行い、その後、永久歯が生えそろった後に、永久歯がしっかり咬むための矯正治療を第二期として行うという「二期治療」の方法が適用されます。
相談者のお嬢様は、できるだけ早い時期に骨格的な改善を行い、(顎の骨自体の改善)その後永久歯がすべて生えそろった後、広範囲な治療を行うことになると思います。このような場合、通常、抜歯、非抜歯の最終的な決定は第二期の治療開始時期に行います。

どちらにしましても、まずは、お近くの矯正専門医に行かれて、お嬢様の今の状況を見てもらう事が第一だと思います。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です