矯正歯科のトラブル -費用-

費用のトラブルを避けるために知っておきたい治療費のしくみ


費用はよく確認しましょう

矯正治療のほとんどは健康保険の対象外となるため(*1)、自由(自費)診療となります。自由診療とは、歯科医師(歯科医院)が独自に決めた治療に対し、全額自己負担で受けるものです。
そのため、治療内容や、費用、保証、これらの提示方法などは、歯科医院によって異なります。
ここでは、治療にかかる費用と、それに関する注意事項についてご紹介します。治療前の参考にしてください。


(*1) 健康保険の対象となる矯正治療は、国の定めたお口の状態に限ります。対象は次の通りです。

  1. 先天疾患(生まれながらの病気)によって矯正治療が必要な場合
  2. 顎の骨の外科手術を必要とする矯正治療の場合

矯正治療にかかる基本の費用 (費用の相場)

矯正治療にかかる費用の各相場についてご紹介します。
 
  内容 費用 費用や資料内容の詳細
1 初診料 無料〜5,000円 治療のカウンセリング代
2 精密検査と診断料 30,000〜100,000円 お口の状態の確認、レントゲン撮影、
歯形の模型、お口の写真撮影、診断などの料金
3 矯正基本治療料 650,000〜1,000,000円
(表側矯正の場合)
歯を動かす基本装置代と技術料
4 矯正中の調整料 3,000〜7,000円
(1〜2ヶ月に1回程度)
交換が必要なワイヤー代、技術料
5 矯正後の経過観察料 2,000〜5,000円
(3〜6ヶ月に1回程度)
保定装置代、術後の観察などの料金

ご希望の治療内容やお口の状態によって異なりますが、矯正治療にかかる基本費用の総額は700,000〜1,200,000円程度です。※表側矯正の場合


■支払いの時期

上記の費用を支払う時期は歯科医院によって様々です。
  • 治療開始時の費用総額一括払い
  • 治療の進行状態に合わせての分割払い など

「矯正基本治療料」とは別に、通院時に装置を装着・調整やチェックにかかる費用「調整料」を支払うタイプの場合は、治療期間によって費用が大きく変わりますので、治療前におおよその通院回数や調整料の目安を確認しておきましょう。
事前にきちんと確認しておくことは、思っていたよりも費用や治療期間がかかること等への不安や不満を防ぐことにつながります。

契約する金額以外に支払うオプションの処置について

見積書などで提示された「矯正治療にかかる基本の費用」以外に、別途費用が発生することがありますので注意しましょう。その一例をご紹介します。

  • 治療を受けることで加算される「再診料」
  • 歯のクリーニング代
  • 抜歯が必要な場合の費用
  • 矯正装置が破損したときの修理
  • 矯正治療中に虫歯や歯周病になったときの治療
  • 治療に関連したケアグッズの購入

これらの支払いが必要となることもありますので、治療前に「矯正治療にかかる費用総額」を明確に示してもらいましょう。

その他に注意しておくこと

■納めた税金の一部が返金される医療費控除

矯正担当医が「かみ合わせが悪くて機能的な問題があるので矯正治療が必要」と診断し、確定申告で診断書を提出すれば、医療費控除を受けられます。診断書が欲しい場合は担当医に、該当するか聞いてみましょう。
医療費控除について


■装置の破損、期間の延長、治療結果に対する費用のトラブル

治療期間中に矯正器具の破損や、器具が外れるなどのアクシデントも考えられます。また、予測期間よりも治療期間が長くなることもあります。その場合にかかる費用の有無について確認しておくと、不安が少なく治療期間を過ごすことができるでしょう。
また、治療結果に対する不満を避けるために、治療のメリットやデメリットを聞き、納得した上で治療を進めるようにしましょう。気になることがあれば、まず歯科医師によく相談をして、誤解や不安を抱えないようにして治療期間を過ごしましょう。



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
横浜駅前歯科・矯正歯科