矯正治療の費用を一気に払うのはつらい時のローンや分割払い

歯列矯正の負担軽減?分割払いをご紹介

分割払い_01

歯列矯正をする際の問題となるのが、「お金」です。虫歯や歯周病などの治療であれば、公的医療保険が適用されるため、お金の問題は少ないかと思いますが、歯列矯正は、基本的に、公的医療保険が適用されません。結果として、歯医者さんの提示する金額で歯列矯正をすることとなります。

ここで、問題となるのが、「治療費」です。相場として、1回の矯正治療で100万円前後かかることがあります。(※歯科医院によって大幅に前後します)
人によって異なりますが、一括で約100万円を支払うのは困難かと思います。

そこで、その歯列矯正にかかる費用を分割でお支払いする方法をご紹介していきます。お手持ちのクレジットカードで支払う以外にも歯科専用のローンなどがありますので、それぞれの支払い方や金利など気になるだろう箇所もまとめていきます。

歯列矯正の分割払いの方法

1. 信販会社 (歯科医院が提携するデンタルローン)

ローン

歯科医院で信販会社(NICOS、オリコ、ジャックス、アプラスなど)のローンに申込みをします。

金利 : 年利は約8.5%〜といわれています。
※信販会社や医院によって金利手数料が異なるので確認が必要です。

2. クレジットカード

クレジットカード

自分が契約しているクレジットカードで分割払いをする方法です。利用限度額内であれば、その場で決済ができます。
最近は、クレジットカード払いに対応している歯医者も多くなってきているようですので、対応しているカード会社を歯科医院に確認しましょう。

金利 : 年利は約14%といわれています。

3. 銀行や信用金庫の多目的ローン

多目的ローン

歯科医院から出された見積もりなどの資料を銀行や信用金庫などの金融機関に提出し、審査結果を待ちます。デメリットとして、審査に時間がかかる点と契約時に各種窓口に行くなどの手間がかかります。

金利 : 年利は約5%〜で、通常のローンよりも低めです。

4. 直接、歯科医院との間で契約する分割払い

信販会社などを介さずに、治療する歯科医院と直接分割払いの契約をする方法です。分割回数や、支払い期限、分割手数料などは、医院によって異なります。

※利用条件、金利手数料、支払い方法などは、金融機関、医療機関によって異なります。

分割払いをする際に気をつけるべきことは

これら以外にも、医療機器メーカーが行っているものなどがあり、歯科医院によって取り扱いや対応は異なります。

様々な支払い方法がありますが、気を付けていただきたいことは、金利だけでなく、支払い回数によるトータルの利息や手数料がいくらになるかです。 これは、契約する歯医者さんや金融機関などと必ず確認することが必要です。

歯列矯正は100万円前後と安い買い物ではないので、分割する際はしっかりと金利がどれくらいなのか、どのくらいの期間支払うことになるのかを把握しておきましょう。

歯列矯正を分割やローンで支払うまとめ

分割払い_02

歯列矯正の費用を払う上での、分割払いの方法をご紹介しました。
歯列矯正を考えているけど、費用が高くて、始められないという方も分割払いで支払うことができます。クレジットカード以外にも、歯科専用のローンや金融機関の多目的ローンなど、様々な手段がありますので、しっかりと考えてから選びましょう。

まずは、かかりつけの歯医者さんで、分割払いで歯列矯正を始めたい旨を伝えて相談してみましょう。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函