なぜ矯正が必要なの!?

矯正・歯列矯正の目的

歯並びが悪いことによる障害 出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
矯正治療をすることにより、キレイな歯並び、、調和の取れた顔立ちになることはもちろん、よりしっかり噛めるようになって、消化器官の負担が少なくなったり、顎の筋肉のバランスがよくなります。
また、歯並びの影響で発音しづらかったり、歯磨きがしにくくて虫歯や歯周病になりやすかったことが、改善されます。

歯並びが悪いことがもたらす影響

  • 歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病になるリスクが高くなる。
  • 発音に影響を起こす場合があります。
  • 食べる時に、しっかり食べ物を噛めない場合があります。
  • 成長期に、悪い歯並びや、指しゃぶりなどのお口の癖を放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、 発育不足をおこすことがあります。
  • 悪い歯並びで外見にコンプレックスを持ち、心理的に悪い影響を与える場合があります。

さまざまな不正咬合

治療が必要な不正咬合

出っ歯や受け口、ガタガタしている歯並びなど、いわゆる悪い歯並び「不正咬合」の例を紹介します。
乱ぐい歯
▲乱ぐい歯(凸凹の歯並び)
開咬
▲開咬(上下の歯が噛まない)
空隙歯列
▲空隙歯列(すきっ歯)
乳歯反対交合
▲乳歯の反対交合(子どもの受け口)
歯並びについてもっと知りたい方はこちら

矯正歯科ネット


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター