歯並びが悪い不正咬合(歯列不正)の種類ってどんなものがあるの?

不正咬合[ふせいこうごう]とは

不正咬合

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを言います。

不正咬合であることをコンプレックスに感じる方はいらしゃるかと思います。
不正咬合は、見た目が気になるというような問題以外にも、歯がきれいに並んでいないためすみずみまで歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすいです。そのため、虫歯や歯肉炎、歯周病の原因になりやすいというリスクがあります。

不正咬合は特徴に応じて、いくつかの種類に分類されています。
そこで、ここでは種類別に特徴とリスクをご紹介していきます。

歯並びが悪いと思っている方は、自分がどの不正咬合に当てはまるのか、リスクは何なのかを知っておきましょう。また、最後には不正咬合になってしまう原因を紹介していますので、参考にして不正咬合にならないよう、気を付けましょう。

また、治療方法は様々で、それぞれの種類や症状、患者様の要望、生活習慣などによって異なりますので、治療をお考えの方はかかりつけの歯医者さんでご相談ください。

不正咬合の種類とリスク

叢生[そうせい]

叢生

叢生の特徴は、歯が重なり合ってデコボコになっていることです。不正咬合の問題の中でも、最も多い状態です。あごの大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。

叢生のリスクは、歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になりやすいことです。

上顎前突[じょうがくぜんとつ]/ 出っ歯

上顎前突

上顎前突とは、「出っ歯」と言われる状態です。特徴は、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりすることです。

上顎前突のリスクは、前歯で食べ物がかみづらくなり、食べ物を細かくできず、胃腸に負担をかけてしまうことです。さらに、発音が不明瞭になりやすく、コミュニケーションに支障をきたす恐れもあります。

下顎前突[かがくぜんとつ]/ 受け口

下顎前突

上下顎前突とは、よく「受け口」と言われる状態です。特徴は、下の歯が上の歯より前に出ていることです。

下顎前突のリスクは、上顎前突と同様に、前歯で食べ物が噛みにくく、胃腸に負担をかけてしまうことです。また、発音が不明瞭になることです。
さらに、他の不正咬合と比較すると、治療が困難と言われており、顎関節症を引き起こすリスクもあります。

開咬[かいこう]

開咬

開咬の特徴は、奥歯は噛み合っていても、前歯の上下は開いていて噛み合わないことです。

開咬のリスクは、前歯が開いているので、前歯で物を噛み切りにくいことです。そのため、奥歯に負担がかかり、奥歯をすり減らしてしまいます。結果的に、歯を失うリスクが高いと言われています。
また、口呼吸になりやすいため、お口の中が乾燥し、虫歯や歯周病になりやすいとも言われています。

過蓋咬合[かがいこうごう]

過蓋咬合

過蓋咬合の特徴は、上の歯と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど噛み込んでいることです。

過蓋咬合のリスクは、深く噛み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかったりと、歯が摩耗しやすいことです。さらに、顎関節症を発症することがあります。

空隙歯列[くうげきしれつ] / すきっ歯

空隙歯列

空隙歯列とは、「すきっ歯」と言われる状態です。特徴は、全体的に歯と歯の間に隙間ができていることです。

空隙歯列のリスクは、歯の隙間に食べ物が挟まったり、聞き取りにくい発音になったりすることです。特に、サ行の発音に問題が出ることが多いと言われています。

正中離開[せいちゅうりかい]/ すきっ歯

正中離開

正中離開とは、空隙歯列の中でも前歯の間に隙間がある状態です。

正中離開のリスクは、空隙歯列と同様で、歯の隙間に食べ物が挟まったり、聞き取りにくい発音になったりすることです。

このように不正咬合にも複数の種類があり、それぞれリスクが異なっています。自分の歯並びを把握して、リスクを理解しましょう。

ここからは、不正咬合にならないように、歯並びが悪くなる原因とその対策を紹介していきます。

不正咬合になる原因

不正咬合になる原因は、遺伝もありますが、後天的な生活習慣やクセなどがあげられます。 日頃の生活で、以下のような項目に心当たりがあったら気にしてみましょう。

・口呼吸
・舌で歯を押す
・手枕や腕枕
・歯ぎしり
・うつぶせ寝
・食事の際に片側で噛む

これ以外にも、不正咬合には子どもの時の指しゃぶりやおしゃぶりの常用、乳歯の虫歯などが影響してきます。そのため、子どもがいらっしゃる方は気にかけてあげましょう。

不正咬合のまとめ

まとめ

歯並びや噛み合わせが悪い不正咬合は、見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病のリスクを高めたり、歯を失ったりと身体への問題を起こしうる可能性があります。遺伝で不正咬合になることもありますが、後天的な要因も大いに関係してきます。
そのため、不正咬合の要因になる生活習慣やクセを把握して、予防しましょう。

また、歯並びや噛み合わせが悪いと思っている方は、自分がどの種類の症状なのかを把握して、リスクを理解して、歯科医院での治療を受けましょう。すぐに治療ができなくとも、この記事を参考にして、普段の生活を見直して、歯並びや噛み合わせが悪化しないように気を配るようにしましょう。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック