切端咬合[せったんこうごう]/edge to edge occlusion

上下の歯の先端どうしが、「毛抜き」のようにぶつかっている咬合

■切端咬合とは

交叉咬合

正常な前歯の咬合は、上アゴが下アゴの歯を覆い、前歯の先(切縁)と、上下の歯がかみあう面(咬合面)が、1〜3mm程度覆っている状態をいいます。
切端咬合は、上の歯が下の歯を覆わずに、犬歯より前側にある上下の切歯(中切歯や側切歯)の先端どうしが、ぶつかるようにかみ合っている状態です。下の歯が、正常の位置よりも前に出ている「受け口」傾向のかみ合わせです。 毛抜きのようなかみ合わせのことから、「毛抜咬合」や「鉗子状咬合」とも呼ばれています。

切端咬合は、歯の先端と先端がかみ合わさっていることで、上下の前歯の先(切縁)にかかる負担が大きく、前歯の先が摩耗したり、欠けたりするリスクが高い不正咬合です。

■【症例写真】交叉咬合・叢生を伴う切端咬合を治療した症例

下にご紹介する写真は、切端咬合を治療した症例です。前歯の中切歯や側切歯を見ると、上の歯が下の歯を覆う部分は見られず、上下の先端どうしが接触してかみ合わさっているのがわかります。また、交叉咬合と凸凹の歯列の「叢生」を伴っている症例です。

治療は、上下顎の左右の第一小臼歯(真ん中から4番目)合計4本を抜歯後、矯正装置を29ヵ月装着して治療をしました。
矯正装置は、目立ちにくいクリアタイプのブラケットを使用した表側矯正装置を使用しました。29ヵ月の動的治療後、全体の歯列がキレイに並び、また上の歯が下の歯を少し覆っている正常の咬合に改善されました。

患者様 : 22歳女性
診断名 : 左側交叉咬合を伴うアングル?級叢生症例
治療法 : 上下顎両側第一小臼歯抜歯ケース。「018x025スタンダードエッジワイズブラケット(クリアタイプ)」
動的治療期間 (矯正治療期間)29ヵ月

治療前 
交叉咬合・叢生を伴う切端咬合の治療前
▲ 上下の前歯が先端で接触する切端咬合。歯の凸凹と、左側に交叉咬合が見られます。
↓
治療中
交叉咬合・叢生を伴う切端咬合の治療中
▲左右の第一小臼歯を抜歯後、クリアタイプのブラケットを使用して治療しました。
↓
治療後
交叉咬合・叢生を伴う切端咬合の治療後
▲ 動的治療開始から29ヵ月後。歯列、上下の咬み合わせが正常に改善されました。

※歯のしくみ
人の歯の数は乳歯では20本、永久歯は28本(親知らずを含めると32本)です。 歯のしくみ
秋山 真人
資料提供
歯並び矯正歯科 忠重歯科医院
矯正担当医:秋山 真人
(日本矯正歯科学会認定医)

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る