裏側矯正と表側矯正の比較

昔は矯正といえば、歯の表側に接着する金属のギラギラとした装置が主でした。その後、透明や白色の目立たない装置がでてきました。現在では、装置を歯の裏側につけて、外から見てもわからない状態で歯並びを治すことが可能となってきました。そこで、表側矯正と裏側矯正のメリット・デメリットについてご説明いたします。

「裏側矯正(舌側矯正)」と「表側矯正」の比較表

表側矯正装着時(正面からみた様子)
裏側矯正装置(上顎)
▲ 表側矯正

▲ 裏側矯正(写真は上顎の裏側)

最近では、ほとんどの症例・ケースでも裏側装置で治療できるようになってきました。しかし、お一人ひとり歯並びの状態やライフスタイルは異なります。それぞれの装置のメリット・デメリットをふまえ、矯正歯科医師にご相談のうえ決められるの良いでしょう。


表側の装着 裏側の装着
発音

ほとんど問題ありません。多少の違和感を感じても、すぐに慣れる場合が多いです。

装着当初、違和感と発音のしにくさを感じると思いますが個人差はあるものの1週間〜2週間位で慣れるようです。
口内炎 装置があたって口の中に口内炎ができる事がありますが、すぐに慣れるでしょう。口内炎ができやすい場合、緩衝材としてワックスをお渡ししています。 装置に舌があたり、舌にあとがつく事があります。発音同様、慣れには1週間〜2週間程度かかることもあります。緩衝材としてワックスをお渡ししております。
見た目 透明の装置を使用すると、金属の装置よりも目立ちません。近年ではブラケットも小型化しています。 表側からは見えません。
食事について 装置の装着当初は硬い物が食べにくかったり等がありますが1ヵ月くらいで慣れるようです。 表側に比べ、装置装着の当初は食べにくく感じます。1ヵ月位で慣れるようです。
治療の期間 歯並びの状態により、表側の方が早い場合、逆に裏側の装置の方が早い場合もあります。差はあまりありません。
費用 材料費や毎回の処置・治療時間の違いから、裏側の装置は、表側の装置より費用がかかります。
仕上がり 仕上がりに関しましては表側も裏側も差は、ほとんどありません。
虫歯のリスク よく、裏側の装置の方が虫歯になりやすいとか期間がかかる等といわれることがあります。これに関しては、確かに裏側の装置の方がブラッシングしにくいために汚れが残りやすいようです。
しかし、人間の本来持っている生体防御反応(唾液の作用※)から歯の裏側は虫歯になりにくいといわれています。歯科医院で約4〜5週間ごとにクリーニングを行えば、唾液の作用を相互して、より虫歯になりにくいといわれています。

※唾液の作用
  • 洗浄作用…唾液は歯の表面やお口の中を洗浄します。
  • 殺菌、抗菌作用…抗菌作用があり、プラークの形成、発育を抑制します。
  • 緩衝作用…お口の中の酸や、アルカリを中和する働きをします。
    サリバテストで緩衝作用を判定できます)
  • 脱灰作用…エナメル質、象牙質の再石灰化を促進します。

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る