矯正歯科治療のドクター選びのポイント

良い矯正歯科医の見分ける5つのポイント


ポイント1: 治療前に、きちんと検査をして、その結果に基づいた丁寧な説明する

通常、矯正治療をはじめる前には、口腔内写真(お口の中の撮影)、顔貌写真(横顔やお顔全体の撮影)、頭部X線規格写真(セファロレントゲン)、パノラマX線写真(あるいは、デジタルX線写真)と、お口の型、上下のかみ合わせの型をとる検査が必要です。 しかし、これらの検査はコストがかかるため、きちんと検査をしない歯科医がいるのが現状です。

また、自分の矯正歯科医院の患者様にはきちんと検査をしてから治療をしていても、非常勤として別の歯科医院で治療をする時には、検査をしないで治療をスタートする歯科医もいます。
所定の検査をしないで治療をはじめたり、検査をしても患者様がどういった状態なのか、きちんと説明をしないで矯正治療をはじめたりする場合は、より良い治療結果のためにも歯科医院を見直すことをおすすめします。


ポイント2: 治療方法と治療期間、費用の説明をする

矯正治療を受ける際に気になるのが、どれぐらい期間がかかるかということではないでしょうか。
治療期間や治療方法は、患者様によって異なります。「1」で説明したように、お口のなかを拝見して検査をしないと、「患者様に適した矯正治療法は何か」、「治療期間はどのくらいかかるのか」という点を具体的にお話しすることができません。
逆にいえば、検査をしたのに治療期間と費用について確定した説明がない場合や、説明内容がコロコロ変わる場合は問題があるでしょう。

ポイント3: 患者様が納得して治療方法を選べるように、多くの選択肢と情報を伝える

治療方法について、歯科医がすべてを判断して、患者様は完全に受身という治療は、極力避けるべきです。できるだけたくさんの選択肢を提示し、それぞれのメリット、デメリットを患者様に理解していただいたうえで、患者様が納得した治療法を選択できるように配慮している矯正歯科医院が良いでしょう。


ポイント4: 治療期間が延びた場合は、その理由をきちんと説明する

実際に治療をはじめると、治療前に歯科医が説明した治療期間よりも、期間が長くなってしまう場合もあります。そんなとき、治療期間が延びることがわかった時点で、そのことをお知らせし、その理由についてご説明しないと、患者様もご不安ではないでしょうか。
当院の場合、患者様にお願いしているゴム(エラスティクス)やヘッドギアの装着が、きちんと行われていないことが原因の場合が多いのですが、原因が医院側にある場合でも、その理由をきちんとご説明しています。

矯正歯科医院のなかには、診療ごとにワイヤー調整料や処置料がかかる医院と、ご契約で提示した矯正の治療料金に通院中の処置料があらかじめ含まれる医院(総額制)があります。総額制の場合、予定より治療期間が延びた分の処置料は、医院側の負担となりますので、より責任感をもって治療にあたる傾向にあるかもしれません。


ポイント5: デメリットに関しても、メリットと同様にしっかり伝える

矯正治療は、美しい歯並びや口元、きちんとしたかみ合わせをつくるメリットがある一方で、患者様によっては抜歯の必要があったり、平均的な治療期間よりも多少期間がかかったりするケースもあります。
患者様の価値観にもよりますが、数十万から100万円という矯正治療費は、決して無駄にしていいお金ではありません。
治療中は、個人差はありますが、痛みがでる場合がありますし、体質によっては虫歯のリスクが高まります。

「短期間で終わるの治療」「抜歯しない治療」「見えない治療」「ワイヤー使わない治療」など、患者様にメリットしか伝えないで、治療を開始することは、矯正歯科医としてフェアな姿勢ではないと思います。
デメリットについても、きちんと説明したうえで、患者様と歯科医が協力してデメリットを回避するための対策をとって治療していく医院が望ましいですね。

星 隆夫
院長先生回答して下さったのは、こちらの先生です!
星歯科矯正 (神奈川県相模原市)
星 隆夫 院長先生 医院紹介ページへ
このページの先頭へ
  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です