外科矯正の終盤さん(滋賀県)の相談

カテゴリ:治療後、アフターケア

外科手術後で保定期間に入った者です。
昨年11月に装置を全て外したのですが、二月に受診したさいに次回顎の検査をすると言われました。
三万円程度と言われました。なんの検査なのか全く説明もなく、はいそうですかと払える金額では私の感覚ではなかったので問い合わせたところ、手術前と手術後で顎の動きが正常か確認するためだそうで保険の決まりでやらなければならないと説明されました。
歯科に勤務してるので勤め先の先生に聞いたところ、嫌って言ったら通るようなことを聞いたのですが、やらなくても可能なのでしょうか?
冠婚葬祭が続けてあるため金銭的にやらなくてもいいのであればやりたくないし、外科手術を受けた総合病院では問題なく完璧とのことであと一回の診察で終わりになります。
なので余計に術後二年もたった今やらなければならない検査なのかを知りたいのです。
長くなりましたがご見解、ご回答をよろしくおねがいします。

こんにちは。
外科的矯正治療のルールではワイヤー治療終了時にきちんと治っていることを証拠とするために保定時の検査と診断をおこないます。3万円といったのはおそらくこれらにかかるすべての検査費用と診断費用のトータルではないでしょうか?
この診療行為は健康保険での治療をおこなう場合のルールですから仕方ないと思います。また、今後治療後に後戻り等生じた場合にこの時点の資料がないとなるといろいろと問題になることも考えられますからきちんとお受けになられたほうがよろしいとおもいます。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除