ミルクさんの相談

カテゴリ:治療の開始時期

45歳からの歯列矯正

早速 相談させていただきます。
もともと八重歯があり 下の歯も乱杙歯があります。下の入り組んだ所にものが挟まりやすくなり、矯正を考えています。
ただこの年齢ですし いろんな悪い情報の方が多く躊躇しています。もともと娘が通院していた矯正歯科の先生にみてもらったところ、歯茎もわりと綺麗だし、4本抜かないといけないけど、出来ないことはないですよ、とのこと。ただ歯茎が下がっている所があるので、それが更に下がることにはなると思います。とも言われました。
それで質問ですが、現在持病のために生理をとめる治療をし、5年ほどホルモン療法中です。それで 歯の骨が出来にくいなど、支障はありますか?
あと、脊髄側弯症もちでもあり、抜歯する事でバランスが崩れ、顎関節症などのリスクが高くなりませんか?
ものが挟まりやすい所だけ、差し歯という提案もあったのですが、歯を削るのでおすすめはしませんとのことですが、矯正で抜歯するのもどっちもどっちなのかなと思うのですが、どうなんでしょう…

歯列矯正する事で、歯茎の下がり、歯周病のリスクもあるとの説明を受けましたが 、それでは結局しない方が将来のためには良いと解釈した方が良いのでしょうか?
否定的ですが、矯正の先生は多分どの先生に聞いても出来ますよ、と言われるような気がします。はっきりとリスクやデメリットを教えてください。
乱文ですみません…よろしくお願いします。

はじめまして。質問を拝見させていただきました。現在、ホルモン療法中とのことですが、使用されている薬剤によっては骨の形成に影響があるかもしれません。また脊髄側弯症の方が矯正治療で抜歯する事によって顎関節症が生じるかどうかは不明です(矯正治療される方の中には途中顎関節症の症状を訴えられる方もいらっしゃいますので)。いずれにしましても一度見ていただいた矯正歯科の先生に、疑問に思うことをいろいろ聞かれてみては如何でしょうか。
  • ミルク(45歳 女性 会社員 )
  • 2017年02月27日23時20分
くらたに矯正歯科さま
早々にアドバイスいただきありがとうございます。矯正の先生に再度 相談してみます。
ご相談ありがとうございます。
矯正治療について利益と不利益についてのご相談ですね。
日々、矯正治療を通して患者様の歯並びが良くなっていくことで患者様の笑顔を毎日目の当りにしている歯科医として断然利益の方が大きいと確信します。
 現代の超情報化社会の中、正確の情報や全く信用ならない情報が溢れています。ホルモン療法のことや脊椎湾曲症がどれだけ矯正治療に悪影響があるかは歯科医ではわかりません。かかりつけの内科の先生にご相談ください。
 次にご相談された矯正歯科の先生の御意見は正確です。歯並びは綺麗になるでしょうが歯茎は多少下がるでしょう。これは申し訳ありませんが、10代、20代の新陳代謝が活発な年齢とは違うため仕方ありません。何事にもメリット、デメリットがあります。例え、歯茎が多少下がっても綺麗な歯列でお手入れのし易い歯並びの方が歯は長持ちすることをご理解下さい。
 最後にメリットの方がずっと大きいです。
  • ミルク(45歳 女性 会社員 )
  • 2017年02月28日14時53分
ウエダデンタルクリニックさま
詳しく教えて下さりありがとうございます。
今日 歯周病専門の歯科にいって歯茎の状態がどうなのか診てもらう予定です。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除